テラ(T)とは何か?テラが単位ではないって知ってた?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは”テラ”という言葉をご存知でしょうか。

     

    これは単位に大きく関係している言葉で、
    日常生活で聞いたことがあるという人も多いはずです。

     

    そこでこのページではテラとは何か?
    また実はテラが単位ではないことについて簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.テラとは何か?

     

    ではテラとは何かを見ていきましょう。

     

    まずテラとは、”10^12”を表す単位の接頭語です。
    (テラは”1兆倍”を意味しています)

     

    テラの記号は”大文字のT”が用いられます

     

     

    またテラの例としては、[TB](テラバイト)がよく用いられます。

     

    [B](バイト)はデータ量やコンピューターにおける記憶容量を表す単位ですので、
    ハードディスクなどデータを記憶する媒体によく使われています。
    ([B]の数値が大きいほど、そのデータを記憶する媒体の容量は大きくなる)

     

    2.テラ自体は単位ではない

    結論から言ってしまうと、テラは単位ではありません

     

    あくまでもテラは単位ではなく、単位の接頭語です。

     

    テラなどの単位の接頭語は基本的には単体で使用されることはほとんどなく、
    g(グラム)やm(メートル)など単位の補助として付けられます。

     

    単位であれば、それが何の単位なのかに関係なく付けることが可能です。

     

     

    例えば1[Tg](テラグラム)と言えば質量を表し、1[Tm](テラメートル)と言えば長さを表していますが、ただ1[T](テラ)だけだと何を表しているのかが分かりません。

     

     

    このようにテラなどの単位の接頭語はそれ自体が単位というわけではなく、
    gやmなどの単位の補助として付けられるものなので覚えておきましょう

     

    以上が「テラ(T)とは何か?テラが単位ではないって知ってた?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • テラ(T)とは単位の接頭語のことで、”10^12”を表している。
    • あくまでテラ(T)は”単位に付ける接頭語”であって、単位そのものではない。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ