有明の月とは?どんな形の月なのかを図で解説!

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは”有明の月”という言葉をご存知でしょうか。

     

    有明の月とは空に見える月の名称のことを表したもので、
    実際にどのような形の月なのか疑問に感じる人もいますよね。

     

    そこでこのページでは有明の月とは何か?
    また有明の月はどんな形の月なのかを図で解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.有明の月とは何か?

     

    では有明の月とは何かを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと有明の月(ありあけのつき)とは、
    夜が明けても空に残っている月の総称のことを言います。

     

    有明の月は、有明月(ありあけづき)とも呼ばれています。

     

    有明(ありあけ)という言葉には、”夜明け”の意味があるため、
    夜が明けても空に残っている月の総称として”有明の月”という名称で呼ばれています

     

     

    有明の月は特定の形の月の名称を示しているものではなく、
    あくまでも”夜が明けても見える月の総称のこと”を指しています。

     

    有明の月という名称で呼ばれるのは、満月(月齢14)より後の月のことで、
    月齢でいうと”月齢15〜月齢29”までの月のことを指しています。

     

    月齢15〜月齢29の月は夜が明けても空に月が残って見えるので、
    月を見ている時間が夜であったとしても、その月は有明の月と言います
    (実際に見ている時間が朝でなかったとしても)

     

    月齢というのは新月のときを月齢0としたときの月の数え方で、
    新月から1日経過していくごとに月齢を1つずつ足していく仕組みになっています。
    (月齢0から始まるため、月齢と実際の日数が1つズレてしまいます)

     

    さて次の章で有明の月は、どんな形の月なのかを図で解説しますね。

     

    2.有明の月とはどんな形の月なのかを図で解説!

    では有明の月はどんな形の月なのかを図で解説していきます。

     

    先ほども言いましたが、有明の月とは”夜が明けても残っている月の総称”で、
    有明の月である月齢15〜月齢29の月は夜が明けても空に月が残っていて見ることができます。

     

    有明の月について簡単に図で表すと下のようになります。

     

     

    上図のように満月より後に見える月のことを有明の月と言います。

     

    そして有明の月である”月齢15〜月齢29”の月をすべて図で表すと下のようになります。

     

     

    上図のように有明の月は月齢15〜月齢29の月のことを指しており、
    月齢0(新月)と月齢14(満月)は有明の月には含まれないので注意してください

     

    以上が「有明の月とは?どんな形の月なのかを図で解説!」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 有明の月とは夜が明けても空に残っている月のことで、満月(月齢14)よりも後の月を指す。
    • 月齢でいうと、月齢15〜月齢29のときが”有明の月”を指す。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ