脱酸素剤と乾燥剤の違いとは?どんな理由で使われているのか?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは脱酸素剤と乾燥剤というものをご存知でしょうか。

     

    脱酸素剤と乾燥剤はお菓子と一緒に袋の中に入れられていることが多く、
    これらには「食べられません」のような表示がされています。

     

    今までにお菓子を食べたことがないという人はほとんどいないと思うので、
    誰でも一度は脱酸素剤と乾燥剤について疑問に感じるはずです。

     

    そこでこのページでは脱酸素剤と乾燥剤の違いとは何か?
    またそれぞれどのような目的で使用されているのかを簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.脱酸素剤と乾燥剤の違いについて

    では脱酸素剤と乾燥剤の違いについて見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと脱酸素剤と乾燥剤の違いは、
    酸素を吸収するものなのか、水分を吸収するものなのかです。

     

     

    脱酸素剤は酸素を吸収することで酸化や雑菌の繁殖を抑えることができ、
    乾燥剤は水分を吸収することで乾燥状態を維持させることを目的としています

     

    どちらもパックのようになっていて脱酸素剤の中には酸素を吸収する性質を持つ物質、
    乾燥剤の中には水分を吸収する性質を持つ物質が入っています。

     

     

    さて脱酸素剤と乾燥剤それぞれについて詳しく解説していきますね。

     

    脱酸素剤(だつさんそざい)とは?

    脱酸素剤とは酸素を吸収するもので、酸化防止と雑菌の繁殖を抑えることができます

     

     

    脱酸素剤によって酸素が原因となって発生する悪影響を防ぐことができ、
    主に食品の酸化と雑菌の繁殖による悪影響があります

     

    酸化は食品に含まれている成分と、
    空気中の酸素が反応することで食品中の成分が劣化することです。

     

    例えば切った後のリンゴやキャベツをしばらく放置していると、
    空気に触れている表面部分が少しずつ変色してくるはずです。

     

    あの現象こそがまさに食品の酸化によるもので、変色だけでなく食品の風味も損なわれます。

     

     

    また脱酸素剤は食品の酸化防止だけでなく、
    カビや雑菌などの繁殖を抑える効果もあります

     

    カビや雑菌などの生物はそのほとんどが好気性の生物になるため、
    生存していくためには空気中の酸素を必要とします。
    (中には酸素を必要としない嫌気性のものも存在します)

     

    なので脱酸素剤によって酸素を吸収してあげることで、
    食品周辺の酸素が少なくなりカビや雑菌が繁殖しにくくなります。

     

    そして脱酸素剤は食品以外に衣類にも使用されることがあり、
    防虫効果で虫食いなどの影響が少なくなります。

     

     

    ちなみに脱酸素剤の効果は酸化と雑菌などの繁殖を抑えることにあるので、
    食品が酸化しなくなったり腐らなくなるわけではありません。

     

    あくまでも酸化などを”少し遅らせるだけ”なので注意してください

     

    乾燥剤(かんそうざい)とは?

    乾燥剤とは水分を吸収するもので、乾燥状態を維持することができます

     

     

    乾燥剤を置くことで空気中の水分を吸収してくれるので、
    乾燥状態を維持したいものの近くに置いておくことでその効果が発揮されます

     

    クッキーなど含まれている水分量が少ないお菓子の袋の中には、
    乾燥剤が入っていることが多いです。

     

    あまり意識したことはないかもしれませんが空気中にも水分がいくらか含まれていて、
    空気中に含まれている水分量を表しているものが湿度と言われているものです。

     

    空気中に水分が多ければそれだけ乾燥した食品は水分を吸収しやすくなるので、
    水分を吸収することで乾燥した食品の食感が悪くなります

     

    普通であればせんべいやクッキーは「パリッ」とした食感があってこそで、
    食べたときに「モサっ」としていたら美味しさが半減しますよね。

     

     

    また脱酸素剤と同様に乾燥剤にも、雑菌の繁殖を抑える効果があります

     

    雑菌が繁殖するためには栄養の他にも水分が必要になりますが、
    乾燥剤を置くことで繁殖の条件のひとつである水分を吸収してしまいます。

     

    ですので雑菌はあまり繁殖することができなくなります。

     

     

    ちなみに基本的に水分量の少ないもの(クッキーやせんべい)には乾燥剤が使用され、
    しっとりしているもの(ケーキやカステラ)には脱酸素剤が使用されることが多いので覚えておきましょう。

     

    以上が「脱酸素剤と乾燥剤の違いとは?どんな理由で使われているのか?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 脱酸素剤とは酸素を吸収するもので、酸化や雑菌の繁殖を抑える目的で使用される。
    • 乾燥剤とは水分を吸収するもので、乾燥状態を維持する目的で使用される。
    • 違いは酸素を吸収するもの(脱酸素剤)か、水分を吸収するもの(乾燥剤)か。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ