1世紀は何年のこと?21世紀はいつから?22世紀までの早見表あり




さてあなたは1世紀が何年のことなのかご存知でしょうか。

世紀という言葉を使用するときによく間違えやすいのは、
新しい世紀が0年の部分を含めて始まるのか1年からなのかということです。

いつもどっちが正しいのか分からなくなる人も多いですよね。

そこでこのページでは1世紀は何年のことなのか?
また21世紀はいつから始まるのかを簡単に解説します。

どうぞご覧ください。




1.1世紀は何年のことなのか?

 

では1世紀が何年のことを表しているのかを見ていきましょう。

 

さっそくですが1世紀は”西暦1年〜西暦100年”のことを示す場合と、
ただ単に”100年間”のことを示す場合で2つの意味を持っています

 

世紀(せいき)というのは西暦を表すときに使用される名称のことで、
西暦を100年単位で区切った範囲に対して使用されます。

 

 

また1世紀の期間を細かく説明すると、
”西暦1年1月1日〜西暦100年12月31日までの期間”が1世紀です。

 

なので西暦101年1月1日からは2世紀が始まります。

 

半世紀という言葉もありますが、そのときは1世紀の半分の”50年間”という意味で使用されます。

 

2.21世紀はいつから始まるのか?(22世紀までの早見表あり)

では21世紀はいつから始まるのか、22世紀までの早見表を見ながら解説していきますね。

 

結論から言ってしまうと、21世紀が始まるのは西暦2001年からです。
(西暦2000年はまだ20世紀です)

 

下に載せている1世紀〜22世紀までの早見表を見ていくと分かりやすいです。

世紀

示している期間

世紀

示している期間

1世紀

1年〜100年

12世紀

1101年〜1200年

2世紀

101年〜200年

13世紀

1201年〜1300年

3世紀

201年〜300年

14世紀

1301年〜1400年

4世紀

301年〜400年

15世紀

1401年〜1500年

5世紀

401年〜500年

16世紀

1501年〜1600年

6世紀

501年〜600年

17世紀

1601年〜1700年

7世紀

601年〜700年

18世紀

1701年〜1800年

8世紀

701年〜800年

19世紀

1801年〜1900年

9世紀

801年〜900年

20世紀

1901年〜2000年

10世紀

901年〜1000年

21世紀

2001年〜2100年

11世紀

1001年〜1100年

22世紀

2101年〜2200年

 

上の早見表のように21世紀は、2001年から始まり2100年で終わります。

 

だからいま(西暦2018年)は21世紀ということになり、
2101年からは次の世紀である22世紀が始まります。

 

世紀の始まりである1世紀が西暦0年からではなく西暦1年から始まるので、
他の世紀が新しく始まる場合についても西暦○○1年・西暦○○○1年から始まります

 

このように1世紀が始まるのが0年からではなく1年からだと覚えておけば、
「何年から始まる?」とごちゃごちゃになってしまうことがなくなるはずです。

 

 

以上が「1世紀は何年のこと?21世紀はいつから?22世紀までの早見表あり」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 1世紀とは”西暦1年〜西暦100年”と、”100年間”という意味を持っている。
  • 世紀というのは、西暦を100年単位で区切った範囲に対して使用される名称のこと。
  • 21世紀は2001年から始まり、2100年に終わる(2018年は21世紀)。

 

 

関連ページ