マシュマロを電子レンジでチンすると膨らむ仕組みを簡単に解説!

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたはマシュマロを電子レンジでチンすると膨らむのをご存知でしょうか。

     

    実際にマシュマロを電子レンジでチンした人は少ないかもしれませんが、
    なぜ電子レンジでチンするとマシュマロが膨らむのか疑問に感じますよね。

     

    そこでこのページでは、マシュマロを電子レンジでチンすると膨らむ仕組みを簡単に解説しています。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.マシュマロを電子レンジでチンすると膨らむ仕組みとは?

     

    ではマシュマロを電子レンジでチンすると膨らむ仕組みを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうとマシュマロを電子レンジでチンすると膨らむのは、
    マシュマロの温度が上がることによって、マシュマロ内の空気が暖まって膨張するからです。

     

    つまりマシュマロに含まれている空気の膨張が膨らむ理由になります

     

     

    まず電子レンジはマイクロ波という電磁波で食べ物に含まれている水分を集中して暖めるので、
    水分が含まれているモノであれば電子レンジで暖めることが可能です、

     

    そしてマシュマロの原料には、”ゼラチン・水・卵白・・デンプン・砂糖など”が使われているので、
    電子レンジでチンするとマシュマロに含まれている水分が暖められていきます。

     

     

    そうすると上図のようにマシュマロ内に混ざっている空気も一緒に暖められていき、
    空気の温度が上がることで空気自体の体積が大きく(膨張)なっていきます。
    (マシュマロがふわふわしているのは、空気がたくさん混ざっているからです)

     

    これが電子レンジでチンするとマシュマロが膨らむ仕組みです。

     

    ちなみに電子レンジでマシュマロをチンするとマシュマロがはじけて爆発するかもしれないので、
    電子レンジでマシュマロを暖めるときは注意が必要です。

     

    以上が「マシュマロを電子レンジでチンすると膨らむ仕組みを簡単に解説!」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 電子レンジでチンするとマシュマロが膨らむのは、マシュマロ内の空気の温度が上がることでその空気が膨張するから。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ