上旬と下旬と中旬の期間の違いとは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは上旬と下旬と中旬という言葉をご存知でしょうか。

     

    これらは期間を示している言葉なのですが、日常的によく聞きますよね。

     

    日常的によく聞く言葉なだけに知っていなければ、
    重要な場面で自分が恥をかいてしまうということも考えられます。

     

    そこでこのページでは、
    上旬と下旬と中旬の違いについて簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.上旬と下旬と中旬の違いとは?

     

    では上旬(じょうじゅん)と下旬(げじゅん)と中旬(ちゅうじゅん)の違いとは何かを見てきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、
    上旬は1日〜10日・中旬は11日〜20日・下旬は21日〜月末までの期間を示します。

     

    例えば10月を例にすると下のようになります。

     

     

    上旬は初旬(しょじゅん)と言われることも多いですが、意味としては上旬と同じです。

     

     

    また「上旬と下旬ってどっちだっけ?」と悩んでしまうかもしれませんが、
    カレンダーの日付を目印にすればすぐに理解することができます。

     

    ほとんどのカレンダーは上から下にかけて日付が過ぎていくので、
    カレンダーの上の方が上旬・中の方は中旬・下の方が下旬だと分かりますよね

     

    なのでカレンダーを思い出せば、悩むこともなくなります。

     

    ちなみに”旬(じゅん)”というのは時間の単位のひとつで10日間のことを指し、
    三旬(さんじゅん)とは上旬・中旬・下旬のことを指しているので覚えておきましょう。

     

     

    以上が「上旬と下旬と中旬の期間の違いとは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 上旬(じょうじゅん)とは、1日〜10日のこと(例:10月1日〜10月10日)。
    • 中旬(ちゅうじゅん)とは、11日〜20日のこと(例:10月11日〜10月20日)。
    • 下旬(げじゅん)とは、21日〜月末のこと(例:10月21日〜10月31日)。
    • ”旬(じゅん)”は時間の単位で、10日間のことを指している。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ