思惑の読み方と意味、「しわく」と「おもわく」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「思惑」という漢字があります。

     

    この思惑に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    思惑がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは思惑の読み方と意味、「しわく」と「おもわく」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.思惑の正しい読み方は「しわく」「おもわく」?

     

    では思惑の正しい読み方は、「しわく」「おもわく」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと思惑の読み方は、「しわく」と「おもわく」のどちらでも正しいです

     

    ただし思惑を「しわく」と読むか、「おもわく」と読むかで意味が異なるので注意が必要です

     

     

    「思惑(しわく)」と読むと仏教語で「仏道を修めることによって断ち切られる煩悩のこと」を意味し、「思惑(おもわく)」と読むと「ある意図を持ったその人なりの考え」などの意味を持ちます。

     

    思惑は「しわく」「おもわく」どちらの読み方も正しいのですが、
    上記のように読み方によって意味が異なるので覚えておいてください。

     

    一般的には思惑と書いて「おもわく」と読むことがほとんどです。

     

     

    また思惑(おもわく)のように「思(おも)」が用いられている言葉は、
    調べてみましたが見つけることができませんでした。

     

    次の章で思惑の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.思惑の意味と類義語について

     

    では思惑の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず思惑は「ある意図を持ったその人なりの考え/その人に対する世間からの評価/相場で値の変動を予想すること」の意味として用いられています。

     

    個人的には「ある意図を持ったその人なりの考え」の意味で、使われることが多いように感じます。

     

    思惑を用いた例文としては、「思惑が外れる」や、
    「世間の思惑を気にする」のような使い方で用いられています。

     

     

    また思惑(ある意図を持ったその人なりの考え)の類義語としては、「心算(しんさん)・意向(いこう)・他意(たい)・胸算用(むなざんよう)」などの言葉が挙げられます

     

    思惑(その人に対する世間からの評価)の類義語としては、「世評(せひょう)・評判(ひょうばん)・人受け(ひとうけ)・好評(こうひょう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても思惑と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「思惑の読み方と意味、”しわく”と”おもわく”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 思惑の正しい読み方は「おもわく」で、「しわく」は間違い。
    • 思惑は「ある意図を持ったその人なりの考え/その人に対する世間からの評価/相場で値の変動を予想すること」の意味。
    • 思惑(ある意図を持ったその人なりの考え)の類義語には、「心算・意向・他意・胸算用」などがある。
    • 思惑(その人に対する世間からの評価)の類義語には、「世評・評判・人受け・好評」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ