衣更着の読み方と意味、「きさらぎ」と「いこうちゃく」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「衣更着」という言葉があります。

     

    この衣更着に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    衣更着がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは衣更着の読み方と意味、「きさらぎ」と「いこうちゃく」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.衣更着の正しい読み方は「きさらぎ」「いこうちゃく」?

     

    では衣更着の正しい読み方は、「きさらぎ」「いこうちゃく」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、衣更着の正しい読み方は「きさらぎ」になります

     

    衣更着の”衣”は「ころも」「き(る)」「い」、”更”は「さら」「こう」、”着”は「き(る)」「ちゃく」と読むことができますが、衣更着を「いこうちゃく」と読むのは間違いです。

     

     

    ただ一般的には「きさらぎ」は”如月”と書き表されることがほとんどで、”如月・衣更着”を「きさらぎ」と読むのは当て字になります

     

     

    次の章で衣更着の意味について解説していきます。

     

    2.衣更着の意味について

     

    では衣更着の意味について見ていきましょう。

     

    まず衣更着は「陰暦2月の別名のこと」の意味として用いられています。

     

     

    陰暦2月というのは、”太陰太陽暦(たいいんたいようれき)における2月のこと”で、ここでの陰暦は日本でいう旧暦のことを指します。

     

    (陰暦の意味自体には”太陰太陽暦”だけでなく、”太陰暦”の意味もあります)

     

    旧暦と現在の暦(太陽暦)では季節にズレが生じるため、陰暦2月は”現在の暦でいうところの2月下旬〜4月中旬ころ”に当たります

     

     

    また陰暦の2月ころは寒さがぶり返したり、まだまだ寒さが厳しく、衣を更に重ね着することから、”衣更着”という字に「きさらぎ」の読み方が当てられました。

     

    以上が「衣更着の読み方と意味、”きさらぎ”と”いこうちゃく”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ