さて日常的に使われるもので「不知火」という言葉があります。

 

この不知火に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
不知火がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは不知火の読み方と意味、「しらぬい」と「ふちび」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.不知火の正しい読み方は「しらぬい」「ふちび」?

 

では不知火の正しい読み方は、「しらぬい」「ふちび」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、不知火の正しい読み方は「しらぬい」「しらぬひ」になります

 

不知火の”不”は「ふ」、”知”は「し(る)」「ち」、”火”は「ひ」(連濁により「び」)と読むことができますが、不知火を「ふちび」と読むのは間違いです。

 

(連濁とは、2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する現象のこと)

 

 

ただ一般的には不知火は「しらぬい」と読むことがほとんどです。

 

 

 

不知火を「しらぬい」「しらぬひ」と読むのは”熟字訓(じゅくじくん)”と言われる読み方で、
熟字訓とは漢字1字に読み方をあてるのではなく、熟字(2字以上の漢字の組み合わせ)に訓読みをあてた読み方のことです。

 

熟字(2字以上の漢字の組み合わせ)に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。

 

”訓読みは漢字の持つ意味を日本語に翻訳したところから生まれた読み方”のことで、”音読みは中国語としての漢字の発音に基づく読み方”のことです。

 

 

なので”草”の訓読みは「くさ」で聞いただけで意味を理解できますが、
音読みは「そう」でこれだけでは意味が分からないですよね。

 

訓読みはそれだけで意味が分かる読み方のものが多く、音読みはそれだけでは意味が分からないものが多いです

 

 

 

そして熟字訓は熟字(2字以上の漢字の組み合わせ)に読み方があてられているため、漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。

 

例えば「不知火(しらぬい)」に用いられている”不”は単体で「し」、”知”も単体では「らぬ」、”火”も単体では「い」と読むことはできません

 

(「しらぬひ」の場合も”火”は単体で「ひ」と読むことはできますが、”不”は単体で「し」、”知”も単体では「らぬ」と読むことはできません)

 

 

ですので漢字1字の訓読み(草:くさ)のように、その熟字だけで意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。

 

熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。

 

 

次の章で不知火の意味と類義語について解説していきます。

 

2.不知火の意味と類義語について

 

では不知火の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず不知火は「夜の海上に多くの光が点在して、揺(ゆ)らめいて見える現象のこと」の意味として用いられています。

 

 

熊本県八代海(やつしろかい)に見られるものが有名で、
遠くに見える少数の漁火(いさりび)が異常屈折現象によって、無数の影像を作るのが原因とされています

 

漁火というのは、”夜に魚を誘うため漁船で焚(た)く火のこと”です。

 

 

 

また不知火の類義語としては、「狐火(きつねび)・鬼火(おにび)・燐火(りんか)・陰火(いんか)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても不知火と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「不知火の読み方と意味、”しらぬい”と”ふちび”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 不知火の正しい読み方は「しらぬい」「しらぬひ」の両方で、「ふちび」は間違い。
  • 不知火は「夜の海上に多くの光が点在して、揺らめいて見える現象のこと」の意味。
  • 不知火の類義語には、「狐火・鬼火・燐火・陰火」などがある。

 

 

関連ページ