小豆の読み方と意味、「あずき」と「こまめ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「小豆」という言葉があります。

     

    この小豆に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    小豆がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは小豆の読み方と意味、「あずき」と「こまめ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.小豆の正しい読み方は「あずき」「こまめ」?

     

    では小豆の正しい読み方は、「あずき」「こまめ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、小豆の正しい読み方は「あずき」または「しょうず」になります

     

    小豆の”小”という字は「こ」「しょう」、”豆”という字は「まめ」「ず」と読むことができますが、小豆は「こまめ」と読むと間違いです。

     

    一般的には小豆は「あずき」と読まれることが多いです

     

    ちなみに商品取引などの業界では小豆を「しょうず」と読むことが多く、
    香川県の瀬戸内海の島である小豆島は「しょうどしま」と読みます。

     

    小豆島の読み方は最初は「あずきしま」でしたが、
    時間とともに「しょうずしま」となり、いまでは「しょうどしま」と読むのが一般的です

     

    ただし小豆島は「しょうどしま」と読みますが、小豆のみでは「しょうど」とは読まないので注意してください。

     

     

    小豆(しょうず)のように「小(しょう)」が用いられている言葉には、
    「過小(かしょう)・縮小(しゅくしょう)・小憩(しょうけい)・小生(しょうせい)」などがあります。

     

    小豆(しょうず)のように「豆(ず)」が用いられている言葉には、
    「伊豆(いず)・大豆(だいず)・巴豆(はず)」などがあります。

     

     

    小豆を「あずき」と読むのは”熟字訓(じゅくじくん)”と言われる読み方で、
    熟字訓とは漢字(1字)に読み方をあてるのではなく、熟字(2字以上)に訓読みをあてた読み方のことです。

     

    熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。

     

    ”訓読みは日本由来の読み方”のことで、”音読みは中国由来の読み方”のことです。

     

    ”草”の訓読みは「くさ」で聞いただけで意味を理解できますが、
    音読みは「そう」でこれだけでは意味が分かりにくいですよね。

     

    訓読み(日本由来)はそれだけで意味が分かる読み方が多く、音読み(中国由来)はそれだけでは意味が分からないものが多いです

     

     

    そして熟字訓は熟字(2字以上)に読み方があてられているため、
    漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。

     

    例えば「小豆(あずき)」に用いられている”小”は単体では「あ」と読めず、”豆”も単体では「ずき」と読むことはできません

     

    ですので漢字(1字)の訓読みのようにその熟字(2字以上)だけで、
    意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。

     

    熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。

     

     

    次の章で小豆の意味について解説していきます。

     

    2.小豆の意味について

     

    では小豆の意味について見ていきましょう。

     

    まず小豆は「マメ科の1年草のこと」の意味として用いられています。

     

    1年草とは日本のような温帯地域で、春・秋に種をまいて1年以内に開花する植物のことを指します。

     

    小豆は夏に黄色い花を咲かせ、細長いさやの中に暗赤色の種子があり、
    この暗赤色の種子がお菓子の餡(あん)を作るための原料になります。

     

     

    またよく「こまめに働く」のように”こまめ”という言葉が使われますが、
    あの”こまめ”は小豆ではなく、”小まめ”と書かれるのが一般的です。

     

    上記で使われている”小まめ”は”まめ”という言葉に”小”が付いたもので、
    小まめは「ちょこちょこと体を動かして使う様子」を意味しています。

     

    そして”まめ”も漢字に直すと、「忠実(まめ)」に直すことができ、
    小まめを漢字にすると「小忠実(こまめ)」に直すことができます。

     

    このように「こまめに働く」のこまめは”小豆”ではないので覚えておいてください

     

     

    小豆を用いた例文としては、「小豆は夏に黄色い花を咲かせます」や、
    「餡は小豆の種子を原料としている」のような使い方で用いられています。

     

     

    以上が「小豆の読み方と意味、”あずき”と”こまめ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 小豆の正しい読み方は「あずき」「しょうず」で、「こまめ」は間違い。
    • 小豆島は「しょうどしま」と読むが、小豆だけでは「しょうど」と読まない。
    • 小豆は「マメ科の1年草のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ