飛鳥の読み方と意味、「あすか」と「ひちょう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「飛鳥」という言葉があります。

     

    この飛鳥に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    飛鳥がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは飛鳥の読み方と意味、「あすか」と「ひちょう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.飛鳥の正しい読み方は「あすか」「ひちょう」?

     

    では飛鳥の正しい読み方は、「あすか」「ひちょう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、飛鳥の正しい読み方は「あすか」「ひちょう」の両方になります

     

    飛鳥の”飛”という字は「ひ」、”鳥”という字は「ちょう」と読むことができ、飛鳥はそのまま読むと「ひちょう」と読めます。

     

     

    飛鳥(ひちょう)のように「飛(ひ)」が用いられている言葉には、
    「飛行(ひこう)・飛脚(ひきゃく)・飛車(ひしゃ)・飛散(ひさん)」などがあります。

     

    飛鳥(ひちょう)のように「鳥(ちょう)」が用いられている言葉には、
    「益鳥(えきちょう)・探鳥(たんちょう)・怪鳥(かいちょう)・雷鳥(らいちょう)」などがあります。

     

     

    飛鳥を「ひちょう」と読むと間違いだとされることも多いですが、
    辞書には「あすか」「ひちょう」の両方の読み方が載っています。
    (両方の読み方が載っていない辞書もあります)

     

    ただし飛鳥を「あすか」「ひちょう」のどちらで読むかによって、表している意味が異なるので注意が必要です。

     

    (次の章で「あすか」「ひちょう」それぞれの意味を解説します)

     

    一般的には飛鳥は「あすか」と読むことが多いです。

     

     

    飛鳥を「あすか」と読むのは”熟字訓(じゅくじくん)”と言われる読み方で、
    熟字訓とは漢字(1字)に読み方をあてるのではなく、熟字(2字以上)に訓読みをあてた読み方のことです。

     

    熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。

     

    ”訓読みは日本由来の読み方”のことで、”音読みは中国由来の読み方”のことです。

     

    ”草”の訓読みは「くさ」で聞いただけで意味を理解できますが、
    音読みは「そう」でこれだけでは意味が分かりにくいですよね。

     

    訓読み(日本由来)はそれだけで意味が分かる読み方が多く、音読み(中国由来)はそれだけでは意味が分からないものが多いです

     

     

    そして熟字訓は熟字(2字以上)に読み方があてられているため、
    漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。

     

    例えば「飛鳥(あすか)」に用いられている”飛”は単体では「あ」とは読めませんし、”鳥”も単体では「すか」と読むことはできません

     

    ですので漢字(1字)の訓読みのようにその熟字(2字以上)だけで、
    意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。

     

    熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。

     

     

    次の章で飛鳥の意味について解説していきます。

     

    2.飛鳥の意味について

     

    では飛鳥の意味について見ていきましょう。

     

    まず飛鳥(あすか)は「旧国名のひとつで、現在の奈良県高市郡明日香村の周辺のこと」の意味として用いられています。

     

    旧国名とは国の古い呼び名のことで、特に日本では昔の行政区画の呼び名を言います。

     

    つまり簡単に言えば、いまは47都道府県でひとつの日本という国ですが、
    昔は日本というひとつの国ではなく、飛鳥・越後など様々な名称の国が存在していたということです。

     

    そして旧国名である飛鳥のあった地域が、いま現在の奈良県高市郡明日香村の周辺のことを指しているわけです。

     

    ”飛鳥”という言葉が付く言葉には「飛鳥文化・飛鳥時代・飛鳥川・飛鳥山・飛鳥寺」などが存在します。

     

     

    また読み方が「あすか」ではなく「ひちょう」のときの意味としては、
    「空を飛ぶ鳥/非常に動作の速い様子」を意味しています

     

    このように飛鳥と書いて「あすか」「ひちょう」のどちらで読むかによって、
    示している意味が異なるので覚えておいてくださいね。

     

     

    飛鳥を用いた例文としては、「飛鳥の人達の生活」や、
    「飛鳥の早業(はやわざ)」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「地名」の意味で、後者の例文は「空を飛ぶ鳥」の意味で使用しています。

     

     

    以上が「飛鳥の読み方と意味、”あすか”と”ひちょう”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 飛鳥の正しい読み方は「あすか」「ひちょう」の両方。
    • 飛鳥(あすか)は「旧国名のひとつで、現在の奈良県高市郡明日香村大字飛鳥の周辺のこと」の意味。
    • 飛鳥(ひちょう)は「空を飛ぶ鳥のこと/非常に動作の速い様子のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ