邪の読み方と意味、「よこしま」と「じゃ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「邪」という言葉があります。

     

    この邪に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    邪がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは邪の読み方と意味、「よこしま」と「じゃ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.邪の正しい読み方は「よこしま」「じゃ」?

     

    では邪の正しい読み方は、「よこしま」「じゃ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、邪の正しい読み方は「よこしま」「じゃ」の両方になります

     

    ”邪”という字は音読みで「じゃ」と読み、訓読みで「よこしま」と読むことができます。

     

    なので”邪”という漢字は「よこしま」「じゃ」の両方が正しい読み方というわけです。

     

     

    邪が訓読みで「よこしま」と読まれるようになったのは、縞模様の「横しま」から由来が来ているそうです。

     

    「よこしま」の語源は「よこさま(横になっている様子)」から来ており、
    ”道の真ん中で横になられると迷惑”なことから、「よこしま」は”正しくない・道理に外れた”の意味で使われるようになりました。

     

    そして”邪”という漢字にはもともと”正しくない”という意味があったので、
    先ほどの「よこしま」が邪の読み方として当てられ、「邪(よこしま)」と読まれるようになりました

     

     

    また「邪(じゃ)」が用いられている言葉には、
    「邪悪(じゃあく)・邪神(じゃしん)・邪険(じゃけん)・邪推(じゃすい)」などがあります。

     

     

    次の章で邪の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.邪の意味と類義語について

     

    では邪の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず邪は「わるもの/正しくないこと/道理に外れていること」の意味として用いられています。

     

    邪を用いた例文としては、「邪(よこしま)な心の持ち主」や、
    「邪(じゃ)は正に勝たず」のような使い方で用いられています。

     

     

    また邪の類義語としては、「不正(ふせい)・非合理(ひごうり)・悪(あく)・背理(はいり)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても邪と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「邪の読み方と意味、”よこしま”と”じゃ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 邪の正しい読み方は「よこしま」「じゃ」の両方。
    • 邪は「わるもの/正しくないこと/道理に外れていること」の意味。
    • 邪の類義語には、「不正・非合理・悪・背理」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ