親不知の読み方と意味、「おやしらず」と「おやふち」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われるもので「親不知」という言葉があります。

     

    この親不知に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    親不知がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは親不知の読み方と意味、「おやしらず」と「おやふち」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.親不知の正しい読み方は「おやしらず」「おやふち」?

     

    では親不知の正しい読み方は、「おやしらず」「おやふち」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、親不知の正しい読み方は「おやしらず」になります

     

    親不知の”親”は「おや」「しん」、”不”は「ふ」、”知”は「し(る)」「ち」と読むことができますが、親不知を「おやふち」と読むのは間違いです。

     

     

     

    親不知を「おやしらず」と読むのは”熟字訓(じゅくじくん)”と言われる読み方で、
    熟字訓とは漢字1字に読み方をあてるのではなく、熟字(2字以上の漢字の組み合わせ)に訓読みをあてた読み方のことです。

     

    熟字(2字以上の漢字の組み合わせ)に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。

     

    ”訓読みは漢字の持つ意味を日本語に翻訳したところから生まれた読み方”のことで、”音読みは中国語としての漢字の発音に基づく読み方”のことです。

     

     

    なので”草”の訓読みは「くさ」で聞いただけで意味を理解できますが、
    音読みは「そう」でこれだけでは意味が分からないですよね。

     

    訓読みはそれだけで意味が分かる読み方のものが多く、音読みはそれだけでは意味が分からないものが多いです

     

     

     

    そして熟字訓は熟字(2字以上の漢字の組み合わせ)に読み方があてられているため、漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。

     

    例えば「親不知(おやしらず)」に用いられている”親”は単体で「おや」と読むことはできますが、”不”は単体では「しら」、”知”も単体では「ず」と読むことはできません

     

     

    ですので漢字1字の訓読み(草:くさ)のように、その熟字だけで意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。

     

    熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。

     

    次の章で親不知の意味について解説していきます。

     

    2.親不知の意味について

     

    では親不知の意味について見ていきましょう。

     

    まず親不知は「実の親の顔を知らないこと/最も遅く生える4本の奥歯のこと/狭い道が断崖(だんがい)に沿って続く海岸のこと」の意味として用いられています。

     

     

    「最も遅く生える4本の奥歯のこと」は、10代後半から20代前半に生えてくることが多く、4本すべて親不知が生えてくる人もいれば、1本も親不知が生えてこない人もいます

     

    ”親がこの歯の生え始めを知ることがない”ことからこの名称が付けられています。

     

     

    また「狭い道が断崖に沿って続く海岸のこと」は、親子でも互いに気遣う余裕がなかった険しい道であったことから親不知と名が付けられ、特に”新潟県糸魚川(いといがわ)市にある北陸道の難所である海岸一帯のこと”を指すことが多いです。

     

     

    以上が「親不知の読み方と意味、”おやしらず”と”おやふち”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ