所謂の読み方と意味、「しょせん」と「いわゆる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「所謂」という漢字があります。

     

    この所謂に使用されている漢字(特に”謂”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは所謂の読み方と意味、「しょせん」と「いわゆる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.所謂の正しい読み方は「しょせん」「いわゆる」?

     

    では所謂の正しい読み方は、「しょせん」「いわゆる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、所謂の正しい読み方は「いわゆる」になります

     

    所謂を「しょせん」と間違えて読んでしまう人も多いですが、
    「しょせん」は”所詮”という漢字ですので覚えておきましょう。

     

     

    所謂の”謂”という字は「謂(い)う」と読むことができ、日常的に使われている「言う」と同じです。

     

    所謂はもとは漢文では「謂う所の(いうところ)」となり、
    「いうところ」というのは日本語では「いはゆる」のことでした。

     

    その「いはゆる」が変化して、いまの「所謂(いわゆる)」になったとされています

     

     

    次の章で所謂の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.所謂の意味と類義語について

     

    では所謂の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず所謂は「世間でよく言われる/俗に言うところの」の意味として用いられています。

     

    所謂を用いた例文としては、「これが所謂フェミニストだ」や、
    「最近のニュース記事には、所謂フェイクニュースが多い」のような使い方で用いられています。

     

    つまり前者の例文であれば、「これが世間で言うところの(=所謂)フェミニストだ」という意味になります。

     

     

    また所謂の類義語としては、「謂わば(いわば)・言うなれば・言うところの」などの言葉が挙げられます

     

     

    以上が「所謂の読み方と意味、”しょせん”と”いわゆる”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 所謂の正しい読み方は「いわゆる」で、「しょせん」は間違い。
    • 所謂は「世間でよく言われる/俗に言うところの」の意味。
    • 所謂の類義語には、「謂わば・言うなれば・言うところの」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ