摘入の読み方と意味、「つみれ」と「てきにゅう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「摘入」という言葉があります。

     

    この摘入に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    摘入がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは摘入の読み方と意味、「つみれ」と「てきにゅう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.摘入の正しい読み方は「つみれ」「てきにゅう」?

     

    では摘入の正しい読み方は、「つみれ」「てきにゅう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、摘入の正しい読み方は「つみれ」になります

     

    摘入の”摘”は「つ(む)」「つ(み)」「てき」、”入”は「はい(る)」「い(れ)」「にゅう」と読むことができますが、摘入を「てきにゅう」と読むのは間違いです。

     

     

     

    摘入の”入”という字は単体で「れ」と読むことはできませんが、
    日本語における音変化によって「つみいれ」から「つみれ」という読み方に変化しました。

     

    もともとは摘入(つみれ)ではなく、”摘み入れ・摘入れ(つみいれ)”と呼ばれていました。

     

    (”摘入”を「つみいれ」と読むことはできません)

     

     

     

    音変化というのは簡単に言うと、”発音しにくい音を発音しやすい音に変化させたもの”です。

     

    この音変化により、摘入は通常では読むことができない「つみれ」という読み方になったんですね。

     

     

    次の章で摘入の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.摘入の意味と類義語について

     

    では摘入の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず摘入は「魚のすり身に卵・小麦粉などを混ぜて、それをこねて丸めたり、少しずつすくい取って茹(ゆ)でたり蒸したりした食品のこと」の意味として用いられています。

     

    摘入は主に鍋や汁物の具として用いられます。

     

     

     

    また摘入の類義語としては、「つくね・雁擬(がんもどき)・肉団子(にくだんご)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても摘入と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「摘入の読み方と意味、”つみれ”と”てきにゅう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ