才と歳の違いとは?年齢を書くときはどちらが正しい?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは”才”と”歳”についてご存知でしょうか。

     

    どちらも”○才”や”○歳”のように年齢を表すときに使われていますが、
    実際に年齢を書くときはどちらが正しいのか疑問に感じますよね。

     

    そこでこのページでは以上を踏まえて、才と歳の違いを簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.才と歳の違いとは?

     

    では才と歳の違いについて見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、才と歳の違いは、
    生まれつき持っている能力を表しているのか、年齢・季節・年月などを表しているのかです。

     

    ”才”は天才・秀才などの言葉に使用されることからも分かるように、
    生まれつき持っている能力やその人自身の性能を表している言葉です。

     

    そしてもう一方の”歳”は歳末・歳月という言葉で用いられているように、
    年齢・季節・年月など時間に関係する意味を持つ言葉
    です。

     

    ですので年齢を書くときに確実なのは、「○歳」という書き方となります

     

     

    そうすると日常的に「○歳」でなく、「○才」を使用している場面もありますが、
    「○才」の表現が間違っているのかと言うとそうでもないみたいです。

     

    例えば小学生が使う漢字としては「歳」は画数も多く難しいため、
    小学校では「歳」を使うときは「才」を書くようにと教えられています。

     

    実際に小学校では「才」という漢字は習いますが、
    もう一方の「歳」を習うのは中学校になってからです。

     

    このように年齢を「○才」と書くのは、別に間違いではないんですね。

     

     

    先ほども言いましたが、本来の意味として”才”は生まれ持った能力のことを表し、
    ”歳”は年齢のことを表しているため、意味的にこちらの方が合っています。

     

    なのでどちらがより正しいのかと言われれば、それは「○歳」という書き方となり、
    年齢を書くときは「○才」ではなく「○歳」と書く方が無難だと言えますね。

     

     

    以上が「才と歳の違いとは?年齢を書くときはどちらが正しい?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • ”才”は生まれ持った能力のことを表している(天才・才能など)。
    • ”歳”は年齢・季節・年月など時間的な意味合いを持つ言葉(歳末・歳月など)。
    • 年齢を書くときに正しいのは「○歳」という書き方(「○才」も間違いではない)。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ