大寒の読み方と意味、「だいかん」と「たいかん」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「大寒」という言葉があります。

 

この大寒に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
大寒がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは大寒の読み方と意味、「だいかん」と「たいかん」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.大寒の正しい読み方は「だいかん」「たいかん」?

 

では大寒の正しい読み方は、「だいかん」「たいかん」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、大寒の正しい読み方は「だいかん」になります

 

大寒の”大”は「おお(きい)」「だい」「たい」、”寒”は「さむ(い)」「かん」と読むことができますが、大寒は「だいかん」と読むのが正しく、「たいかん」と読むのは間違いです。

 

 

ただ子供の歌う童歌の出だしに、”大寒小寒”とありますが、
この場合は「だいかんしょうかん」ではなく、「おおさむこさむ」と読むので覚えておきましょう

 

 

 

また大寒(だいかん)のように「大(だい)」が用いられている言葉には、
「偉大(いだい)・壮大(そうだい)・寛大(かんだい)・強大(きょうだい)」などがあります。

 

大寒(だいかん)のように「寒(かん)」が用いられている言葉には、
「寒気(かんき)・悪寒(おかん)・寒色(かんしょく)・寒天(かんてん)」などがあります。

 

 

次の章で大寒の意味と類義語について解説していきます。

 

2.大寒の意味と類義語について

 

では大寒の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず大寒は「二十四節気のひとつ」の意味として用いられています。

 

現在の暦(太陽暦)において、1月20日頃が大寒で、寒さが一年のうちで最も厳しい頃だとされています。

 

 

大寒を用いた例文としては、「大寒が明ける」や、
「それは大寒の前後に行われる」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また大寒の類義語としては、「小寒(しょうかん)・厳冬(げんとう)・冬至(とうじ)・立冬(りっとう)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても大寒と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

以上が「大寒の読み方と意味、”だいかん”と”たいかん”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ