キャンディとドロップの違いとは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてキャンディとドロップという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

     

    キャンディとドロップはどちらもお菓子のことを指しています。
    私が子供のときは美味しそうによく食べていた記憶があります。

     

    でもキャンディとドロップって区別せずに食べていたので、
    これらの違いは分かりませんでした。

     

    私と同じようにキャンディとドロップは食べていたけど、
    違いなんか気にせずに食べていたという人も多いと思います。

     

    そこでこのページでは、キャンディとドロップの違いを簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.キャンディとは?

     

    ではまずはキャンディとは何か見ていきましょう。

     

    キャンディとは、砂糖や水あめを原料として作られたお菓子の総称です。

     

    つまりキャンディという言葉が指しているのは、お菓子の名前ではなくジャンルです。

     

    砂糖や水あめを原料として作られたお菓子ならキャンディというジャンルになります。

     

     

    そしてキャンディは2つのタイプに分類されます。

     

    そのタイプというのがソフトキャンディハードキャンディです。

     

    簡単に言えば軟らかい(ソフト)キャンディなのか、
    硬い(ハード)キャンディなのかということです。

     

    ハードキャンディは高温で加熱することで、仕上がりが硬くなります。
    ソフトキャンディは低温で加熱することで、仕上がりが軟らかくなります。

     

    水分を飛ばした方がより硬く仕上がって、
    水分を程よく残していれば軟らかく仕上がるということですね。

     

     

    またソフトキャンディの種類にはキャラメルやヌガー、マシュマロなどがあり、
    ハードキャンディの種類にはタフィー(トフィー)やバタースカッチなどがあります。

     

    普通の市販されているあめ玉は成分表示にはキャンディとしか書いていませんが、
    細かく分類するとハードキャンディになります。

     

    2.ドロップとは?

    ではドロップとは何か見ていきましょう。

     

    ドロップとは、砂糖と水あめに色素や香料などを混ぜたお菓子のことです。

     

    ドロップには砂糖や水あめだけでなく、果汁なども使用されています。

     

     

    またドロップというお菓子の語源は、果汁が滴り落ちるしずくの様子から来ているそうです。

     

    ”drop(ドロップ)”という英語は、しずくや滴りというような意味を持ちます。

     

    だからドロップという名前のお菓子になったんですね。

     

    3.キャンディとドロップの違いについて

    ではキャンディとドロップの違いについて説明していきます。

     

    キャンディとドロップの違いは、ジャンルなのかその中のひとつの種類なのかになります

     

    キャンディは砂糖や水あめを原料として作られたお菓子の総称です。

     

    そしてドロップは砂糖や水あめを原料として作られているため、
    キャンディというジャンルの中のひとつの種類というわけです。

     

     

    キャンディとドロップの関係を簡単に図にすると下のようになります。

     

     

    上の図のようにキャンディというジャンルの中に、ドロップというひとつのお菓子が存在しています。

     

    図を見ていただければ、キャンディとドロップの関係が分かりやすいでしょう。

     

     

    以上が「キャンディとドロップの違い」でした。

     

     

    4.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • キャンディとは、砂糖や水あめを原料として作られたお菓子の総称のこと。
    • ドロップとは、砂糖と水あめに色素や香料などを混ぜたお菓子のこと。
    • キャンディとドロップの違いは、お菓子のジャンルなのかその中のひとつの種類なのか。

     

     

    関連ページ