柄杓の読み方と意味、「ひしゃく」と「えしゃく」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「柄杓」という漢字があります。

     

    この柄杓に使用されている漢字(特に”杓”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは柄杓の読み方と意味、「ひしゃく」と「えしゃく」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.柄杓の正しい読み方は「ひしゃく」「えしゃく」?

     

    では柄杓の正しい読み方は、「ひしゃく」「えしゃく」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、柄杓の正しい読み方は「ひしゃく」「ひさく」になります

     

    柄杓の”柄”という字は「え」と読むことができますが、
    柄杓は「ひしゃく」「ひさく」と読むのが正しく、「えしゃく」と読むのは間違いです。

     

    (柄杓の”柄”は「ひ」、”杓”は「さく」と読むことはできません)

     

    ただ一般的には柄杓は「ひしゃく」と読むときの方が多いです。

     

     

    また古くは瓢箪(ひょうたん)を水をすくうための道具として使っており、
    柄杓(ひしゃく)はもともと、瓢箪の別名である「瓢(ひさご)」と呼ばれていました。

     

    それが時代とともに音が変わり、「ひさご」が「ひさこ」となり、
    「ひさこ」が「ひさく」に、いま現在では「ひさく」が「ひしゃく」と変化してきました

     

    そして「ひしゃく」という読み方が”柄杓”という漢字に当てられ(当て字)、
    通常では読むことはできない「柄杓(ひしゃく)」と読むことになったのです。

     

     

    次の章で柄杓の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.柄杓の意味と類義語について

     

    では柄杓の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず柄杓は「器状の容器に長い柄(え)を付けた、水などを汲(く)む道具のこと」の意味として用いられています。

     

    柄杓を用いた例文としては、「柄杓で水を汲む」や、
    「馬に水をやる用の柄杓」のような使い方で用いられています。

     

     

    また柄杓の類義語としては、「蓮華(れんげ)・茶杓(ちゃしゃく)・杓子(しゃくし)・茶匙(ちゃさじ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても柄杓と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「柄杓の読み方と意味、”ひしゃく”と”えしゃく”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 柄杓の正しい読み方は「ひしゃく」「ひさく」の両方で、「えしゃく」は間違い。
    • 柄杓は「器状の容器に長い柄(え)を付けた、水などを汲む道具のこと」の意味。
    • 柄杓の類義語には、「蓮華・茶杓・杓子・茶匙」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ