さて日常的に使われるもので「狼狽える」という言葉があります。

 

この狼狽えるに使用されている漢字(特に”狽”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは狼狽えるの読み方と意味、「うろたえる」と「ろうばいえる」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.狼狽えるの正しい読み方は「うろたえる」「ろうばいえる」?

 

では狼狽えるの正しい読み方は、「うろたえる」「ろうばいえる」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、狼狽えるの正しい読み方は「うろたえる」になります

 

狼狽えるの”狼”は「おおかみ」「ろう」、”狽”は「ばい」と読むことができますが、狼狽えるを「ろうばいえる」と読むのは間違いです。

 

 

 

狼狽えるの”狼”に「うろ」、”狽”に「た」という読み方はありませんが、狼狽えるを「うろたえる」と読んでいるのは、当て字によるものです。

 

「うろたえる」という言葉の意味に、”狼狽”という言葉が持っている意味が合っていたため、”狼狽える”に「うろたえる」という読み方が当てられました。

 

 

次の章で狼狽えるの意味と類義語について解説していきます。

 

2.狼狽えるの意味と類義語について

 

では狼狽えるの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず狼狽えるは「どうしてよいか分からず、慌て迷うこと」の意味として用いられています。

 

 

狼狽えるを用いた例文としては、「いきなりの出来事に狼狽える」や、
「狼狽えてその場から逃げてしまった」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また狼狽えるの類義語としては、「憮然(ぶぜん)・物怖じ(ものおじ)・取り乱す・おろおろ」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても狼狽えると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「狼狽えるの読み方と意味、”うろたえる”と”ろうばいえる”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 狼狽えるの正しい読み方は「うろたえる」で、「ろうばいえる」は間違い。
  • 狼狽えるは「どうしてよいか分からず、慌て迷うこと」の意味。
  • 狼狽えるの類義語には、「憮然・物怖じ・取り乱す・おろおろ」などがある。

 

 

関連ページ