作務衣の読み方と意味、「さむい」と「さむえ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「作務衣」という言葉があります。

     

    この作務衣に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    作務衣がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは作務衣の読み方と意味、「さむい」と「さむえ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.作務衣の正しい読み方は「さむい」「さむえ」?

     

    では作務衣の正しい読み方は、「さむい」「さむえ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、作務衣の正しい読み方は「さむえ」になります

     

    作務衣の”衣”という字は「い」「え」と読むことはできますが、
    作務衣の場合は「さむえ」が正しく、「さむい」と読むと間違いです

     

    辞書に「さむい」という読み方は載っていませんでした。

     

     

    また作務衣(さむえ)のように「作(さ)」が用いられている言葉には、
    「作動(さどう)・所作(しょさ)・作法(さほう)・作用(さよう)」などがあります。

     

    作務衣(さむえ)のように「務(む)」が用いられている言葉には、
    「勤務(きんむ)・義務(ぎむ)・業務(ぎょうむ)・庶務(しょむ)」などがあります。

     

    作務衣(さむえ)のように「衣(え)」が用いられている言葉には、
    「衣紋(えもん)・法衣(ほうえ)・浄衣(じょうえ)・奪衣婆(だつえば)」などがあります。

     

    調べてみると”衣”は日常的な言葉で「衣(い)」と読むものが多かったので、
    作務衣と書いて「さむい」と間違えてしまう人が多いのでしょう。

     

     

    次の章で作務衣の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.作務衣の意味と類義語について

     

    では作務衣の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず作務衣は「寺院の僧侶が作務(さむ)と呼ばれる日常の労務(薪割り、掃除など)を行うときに着る衣のこと」の意味として用いられています。

     

    作務(さむ)のときに着る衣のことなので、「作務衣(さむえ)」と言います。

     

    ただしいま現在では作務衣は特に僧侶だけが着ている服というわけではなく、
    居酒屋・焼き鳥屋などでも店員さんが着ているのをよく見かけます。

     

    ですので単純に作業着として使用されている場合も多いです。

     

    作務衣を用いた例文としては、「僧侶が作務衣を着ている」や、
    「作務衣には女性用のものもある」のような使い方で用いられています。

     

     

    また作務衣の類義語としては、「僧服(そうふく)・法衣(ほうえ)・作業着(さぎょうぎ)・僧衣(そうい)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても作務衣と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「作務衣の読み方と意味、”さむい”と”さむえ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 作務衣の正しい読み方は「さむえ」で、「さむい」は間違い。
    • 作務衣は「寺院の僧侶が作務(さむ)と呼ばれる日常の労働作業(薪割り、掃除など)を行うときに着る衣のこと」の意味。
    • 作務衣の類義語には、「僧服・法衣・作業着・僧衣」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ