花筏の読み方と意味、「はないかだ」と「かばつ」正しいのは?

 

さて日常的に使われることはあまりないですが、「花筏」という言葉があります。

 

この花筏に使用されている漢字(特に”筏”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは花筏の読み方と意味、「はないかだ」と「かばつ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.花筏の正しい読み方は「はないかだ」「かばつ」?

 

では花筏の正しい読み方は、「はないかだ」「かばつ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、花筏の正しい読み方は「はないかだ」になります

 

 

花筏の”筏”は「いかだ」「ばつ」と読むことができますが、花筏は「はないかだ」と読むのが正しく、「かばつ」と読むのは間違いです。

 

 

次の章で花筏の意味について解説していきます。

 

2.花筏の意味について

 

では花筏の意味について見ていきましょう。

 

まず花筏は「散った花びらが水面を流れているのを筏に見立てた語/花の枝を折りそえた筏の模様のこと/ミズキ科の落葉低木のこと」の意味として用いられています。

 


※上は花筏(植物)の写真

 

「ミズキ科の落葉低木」というのは、山地に自生し、夏頃に葉の上面の中央に緑色の小花を咲かせ、のちに黒色の果実を結びます。

 

葉の上面の中央に花を咲かせることから、花を乗せた筏に見立てて”花筏”と名付けられました

 

 

以上が「花筏の読み方と意味、”はないかだ”と”かばつ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ