窮状の読み方と意味、「きゅうじょう」と「しゅうじょう」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「窮状」という言葉があります。

 

この窮状に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
窮状がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは窮状の読み方と意味、「きゅうじょう」と「しゅうじょう」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.窮状の正しい読み方は「きゅうじょう」「しゅうじょう」?

 

では窮状の正しい読み方は、「きゅうじょう」「しゅうじょう」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、窮状の正しい読み方は「きゅうじょう」になります

 

窮状の”窮”は「きわ(まる)」「きゅう」と読むことはできますが、
「しゅう」と読むことはできないので、窮状を「しゅうじょう」と読むのは間違いです

 

 

 

また窮状(きゅうじょう)のように「窮(きゅう)」が用いられている言葉には、
「窮屈(きゅうくつ)・窮策(きゅうさく)・窮地(きゅうち)・困窮(こんきゅう)」などがあります。

 

窮状(きゅうじょう)のように「状(じょう)」が用いられている言葉には、
「状態(じょうたい)・現状(げんじょう)・形状(けいじょう)・白状(はくじょう)」などがあります。

 

 

次の章で窮状の意味と類義語について解説していきます。

 

2.窮状の意味と類義語について

 

では窮状の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず窮状は「どうにもならずに困り果てている状態のこと」の意味として用いられています。

 

 

窮状を用いた例文としては、「彼に窮状を訴える」や、
「私たちの窮状を知って助けてくれた」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また窮状の類義語としては、「辛酸(しんさん)・悶々(もんもん)・苦難(くなん)・窮乏(きゅうぼう)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても窮状と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「窮状の読み方と意味、”きゅうじょう”と”しゅうじょう”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ