嚆矢の読み方と意味、「こうし」と「かぶらや」正しいのは?

 

さて日常的に使われることはほとんどないですが、「嚆矢」という言葉があります。

 

この嚆矢に使用されている漢字(特に”嚆”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは嚆矢の読み方と意味、「こうし」と「かぶらや」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.嚆矢の正しい読み方は「こうし」「かぶらや」?

 

では嚆矢の正しい読み方は、「こうし」「かぶらや」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、嚆矢の正しい読み方は「こうし」になります

 

嚆矢の”嚆”は「さけ(ぶ)」「こう」と読むことはできますが、「かぶら」と読むことはできないので、嚆矢を「かぶらや」と読むのは間違いです。

 

 

「かぶらや」というのは、”鏑矢”と書き表されるため注意が必要です。

 

 

 

また嚆矢(こうし)のように「嚆(こう)」が用いられている言葉は、嚆矢の他には見つけることができませんでした。

 

嚆矢(こうし)のように「矢(し)」が用いられている言葉は、嚆矢の他には「一矢(いっし)・蓬矢(ほうし)」しか見つけることができませんでした。

 

 

次の章で嚆矢の意味について解説していきます。

 

2.嚆矢の意味について

 

では嚆矢の意味について見ていきましょう。

 

まず嚆矢は「鏑矢(かぶらや)のこと/物事の始まり。最初のこと」の意味として用いられています。

 

 

鏑矢というのは”鏑(かぶら)をつけた矢のこと”で、射ると大きな音を発して飛びます。

 

後者の意味は、昔、中国で戦いを始めるとき、敵陣に向かって鏑矢を射ていたところから来ています。

 

 

以上が「嚆矢の読み方と意味、”こうし”と”かぶらや”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ