偲んでの読み方と意味、「おもんで」と「しのんで」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「偲んで」という言葉があります。

 

この偲んでに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは偲んでの読み方と意味、「おもんで」と「しのんで」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.偲んでの正しい読み方は「おもんで」「しのんで」?

 

では偲んでの正しい読み方は、「おもんで」「しのんで」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、偲んでの正しい読み方は「しのんで」になります

 

 

偲んでの”偲”は「しの(ぶ)」「さい」「し」と読むことはできますが、「おも」と読むことはできず、偲んでを「おもんで」と読むのは間違いです。

 

 

次の章で偲んでの意味と類義語について解説していきます。

 

2.偲んでの意味と類義語について

 

では偲んでの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず偲んでは「(”偲ぶ”の連用形)遠く離れている人や昔のことなどを懐かしく思いながら、何事かを行うさま」の意味として用いられています。

 

 

偲んでを用いた例文としては、「旧友を偲んで感傷的になる」や、
「戦争で亡くなった人々を偲んで戦争記念碑を建てる」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また偲んでの類義語としては、「感傷(かんしょう)・感慨(かんがい)・追慕(ついぼ)・思慕(しぼ)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても偲んでと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「偲んでの読み方と意味、”おもんで”と”しのんで”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ