燕麦の読み方と意味、「えんばく」と「つばめむぎ」正しいのは?

 

さて日常的に使われることはあまりないですが、「燕麦」という言葉があります。

 

この燕麦に使用されている漢字(特に”燕”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは燕麦の読み方と意味、「えんばく」と「つばめむぎ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.燕麦の正しい読み方は「えんばく」「つばめむぎ」?

 

では燕麦の正しい読み方は、「えんばく」「つばめむぎ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、燕麦の正しい読み方は「えんばく」になります

 

燕麦の”燕”は「つばめ」「えん」、”麦”は「むぎ」「ばく」と読むことができますが、燕麦は「えんばく」と読むのが正しく、「つばめむぎ」と読むのは間違いです

 

 

 

また燕麦(えんばく)のように「燕(えん)」が用いられている言葉には、
「燕雀(えんじゃく)・燕脂(えんじ)・燕居(えんきょ)・飛燕(ひえん)」などがあります。

 

燕麦(えんばく)のように「麦(ばく)」が用いられている言葉には、
「麦芽(ばくが)・麦秋(ばくしゅう)・麦門冬(ばくもんどう)・麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」などがあります。

 

 

次の章で燕麦の意味について解説していきます。

 

2.燕麦の意味について

 

では燕麦の意味について見ていきましょう。

 

まず燕麦は「イネ科の1年草または2年草のこと」の意味として用いられています。

 

世界各地の温帯で栽培され、実をオートミールなどの原料としています。

 

 


※上はオートミールの写真

 

オートミールというのは”燕麦の実をひき割りにしたもの”で、牛乳でかゆ状に煮て、塩や砂糖などで味付けして食べられています。

 

 

以上が「燕麦の読み方と意味、”えんばく”と”つばめむぎ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ