活版印刷の読み方と意味、「かっぱん」と「かつばん」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「活版印刷」という言葉があります。

 

この活版印刷に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
活版印刷がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは活版印刷の読み方と意味、「かっぱんいんさつ」と「かつばんいんさつ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.活版印刷の正しい読み方は「かっぱんいんさつ」「かつばんいんさつ」?

 

では活版印刷の正しい読み方は、「かっぱんいんさつ」「かつばんいんさつ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、活版印刷の正しい読み方は「かっぱんいんさつ」になります

 

活版印刷の”活”は「い(きる)」「かつ」、”版”は「はん」(連濁により「ばん」)と読むことができますが、活版印刷を「かつばんいんさつ」と読むのは間違いです。

 

(連濁とは、2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する現象のこと)

 

 

 

また活版を「かっぱん」と読むのは、日本語の”促音化(そくおんか)+半濁音化(はんだくおんか)”によるものです。

 

 

活版の”活”の読み方は「かつ」と読むことはできますが、
もともとそれ単体では「かっ」という読み方をすることはできません。

 

活版のように「かつぱん」ではなく、「かっぱん」と変化して読むのは、日本語の「促音化(そくおんか)」と呼ばれているものです

 

(”版”を「ぱん」と読むのは半濁音化によるもので、少し後に解説しています)

 

 

促音化とは、”2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語(カ行・サ行・タ行・パ行)の前に付いた音が「っ」(これを促音という)に変化する現象のこと”を言います。

 

活版であれば、活(かつ)+版(ぱん)なので、版(後ろの語)の前に付いた音である”つ”が促音の”っ”に変化します。

 

 

 

そして活版の”版”の読み方は「はん」と読むことはできますが、
もともとそれ単体では「ぱん」という読み方をすることはできません。

 

活版のように「かっはん」ではなく、「かっぱん」と変化して読むのは、日本語の「半濁音化(はんだくおんか)」と呼ばれているものです

 

 

半濁音化とは、”2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭(ハ行音)がパ行音に変化する現象のこと”を言います。

 

このパ行音(パ・ピ・プ・ペ・ポ)のことを”半濁音(はんだくおん)”と呼びます。

 

活版であれば、活(かっ)+版(はん)なので、版(後ろの語)の語頭である”は”が半濁音の”ぱ”に変化します。

 

 

このように日本語の”促音化+半濁音化”によって活版を「かっぱん」と読んでいます。

 

 

次の章で活版印刷の意味について解説していきます。

 

2.活版印刷の意味について


※上は活字の写真

 

では活版印刷の意味について見ていきましょう。

 

まず活版印刷は「活版で印刷すること。また、その印刷物のこと」の意味として用いられています。

 

活版というのは”活字を組み並べて作った印刷用の板。活字版(かつじばん)のこと”で、活字というのは”活版印刷に使う字型(じがた)のこと”を意味します。

 

 

活字は文字を転写するハンコのようなもので、その活字を組み合わせて板(これが活版)を作り、活版の凸の部分にインキをつけて紙に転写するのが活版印刷になります

 

 

以上が「活版印刷の読み方と意味、”かっぱんいんさつ”と”かつばんいんさつ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ