揮毫の読み方と意味、「きごう」と「きもう」正しいのは?

 

さて日常的に使われることはほとんどないですが、「揮毫」という言葉があります。

 

この揮毫に使用されている漢字(特に”毫”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは揮毫の読み方と意味、「きごう」と「きもう」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.揮毫の正しい読み方は「きごう」「きもう」?

 

では揮毫の正しい読み方は、「きごう」「きもう」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、揮毫の正しい読み方は「きごう」になります

 

揮毫の”揮”は「ふる(う)」「き」、”毫”は「ごう」と読むことはできますが、”毫”は「もう」と読むことはできないので、揮毫を「きもう」と読むのは間違いです

 

 

 

また揮毫(きごう)のように「揮(き)」が用いられている言葉には、
「揮発(きはつ)・指揮(しき)・発揮(はっき)・揮灑(きさい)」などがあります。

 

揮毫(きごう)のように「毫(ごう)」が用いられている言葉には、
「毫髪(ごうはつ)・寸毫(すんごう)・白毫(びゃくごう)・繊毫(せんごう)」などがあります。

 

 

次の章で揮毫の意味と類義語について解説していきます。

 

2.揮毫の意味と類義語について

 

では揮毫の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず揮毫は「筆で文字や絵を描くこと」の意味として用いられています。

 

 

揮毫を用いた例文としては、「色紙に揮毫する」や、
「彼は揮毫の求めに応じなかった」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また揮毫の類義語としては、「執筆(しっぴつ)・筆談(ひつだん)・染筆(せんぴつ)・記述(きじゅつ)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても揮毫と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「揮毫の読み方と意味、”きごう”と”きもう”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ