茶道の読み方と意味、「ちゃどう」と「さどう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「茶道」という言葉があります。

     

    この茶道に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    茶道がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは茶道の読み方と意味、「ちゃどう」と「さどう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.茶道の正しい読み方は「ちゃどう」「さどう」?

     

    では茶道の正しい読み方は、「ちゃどう」「さどう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、茶道の本来の読み方は「ちゃどう」でしたが、
    いま現在では「ちゃどう」と「さどう」のどちらでも問題はありません

     

    茶道の”茶”は「ちゃ」「さ」と読むことができます。

     

     

     

    茶道を「さどう」と読むのは本来の読み方ではなく、
    この「さどう」は”慣用読み”と呼ばれる読み方になります。

     

    慣用読みというのは、誤った読み方の人が増えて広く定着したことで、
    その誤った読み方についても間違いではないとされた読みのことです。

     

     

    簡単に言えば、茶道を「さどう」と間違って読む人が増えたために、
    「ちゃどう」でも「さどう」でも正しい読み方ということにしよう!となったわけです。

     

     

    なのでいま現在での茶道の読み方としては、「ちゃどう」と「さどう」はどちらも正しい読み方となります。

     

    ただ一般的には茶道は「さどう」と読むことがほとんどです。

     

     

     

    また昔は「茶頭(さどう)」と呼ばれる”茶事をつかさどっている師匠”がいて、
    その茶頭と混同しないように「茶道(ちゃどう)」と呼ばれていました

     

    いま現在において一般的には「さどう」と読まれることが多いですが、
    茶道関係の言葉はほとんどが「ちゃ」の方で読まれています。

     

     

    例えば「茶釜(ちゃがま)・茶室(ちゃしつ)・茶器(ちゃき)・茶会(ちゃかい)・茶の湯(ちゃのゆ)」などがあります。(茶会は”さかい”とも読みます)

     

    あとは茶道にもいくつかの流派(表千家・裏千家など)が存在していますが、
    その流派の種類によっても「ちゃどう」と読むか、「さどう」と読むかが異なるそうです。

     

     

    次の章で茶道の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.茶道の意味と類義語について

     

    では茶道の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず茶道は「湯を沸かし、茶を点(た)て、茶をふるまう行為。また、その様式のこと」の意味として用いられています。

     

     

    茶道を用いた例文としては、「彼女は来週から茶道教室に通うそうです」や、「茶道は日本の伝統だ」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また茶道の類義語としては、「茶の湯(ちゃのゆ)」が挙げられます。

     

     

    茶道と茶の湯の違いは、茶の湯はお茶を楽しむという娯楽的な意味合いが強く、茶道は自己の修練の場として、精神を鍛えるための教えとしての意味合いが強いです。

     

    あくまでも茶道と茶の湯における違いを挙げるならということですので、
    茶道だから気楽に楽しむことはできないというものではありません。

     

    茶道と茶の湯にはこのような違いがあるんですね。

     

     

    以上が「茶道の読み方と意味、”ちゃどう”と”さどう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ