間髪の読み方と意味、「かんぱつ」と「かんはつ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「間髪」という言葉があります。

     

    この間髪に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    間髪がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは間髪の読み方と意味、「かんぱつ」と「かんはつ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.間髪の正しい読み方は「かんぱつ」「かんはつ」?

     

    では間髪の正しい読み方は、「かんぱつ」「かんはつ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、間髪の正しい読み方は「かんはつ」になります

     

     

    知らない人も多いですが、実は”間髪”という熟語は存在しません。

     

    間髪という言葉はもともと「間(かん)、髪(はつ)を容(い)れず」から来たもので、
    区切り方からも分かる通り、「間髪(かんはつ)」という熟語は存在しません。

     

     

    ですが「間髪を容れず」と区切らずに誤って使う人が増えたために、
    ”間髪”という熟語があるものだと多くの人に認識されているんですね

     

    なので間髪というのは”間(かん)、髪(はつ)”であることから、間髪を「かんぱつ」と読むのは間違いで、「かんはつ」と読むのが正しいので覚えておきましょう。

     

     

    次の章で間髪の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.間髪の意味と類義語について

     

    まず”間髪”という熟語は存在しないので、”間髪を容(い)れず”の意味と類義語を見ていきます。

     

    間髪を容れずは「ほとんど間を置かずに。すぐに」の意味として用いられています。

     

    間髪を容れずは”髪の毛一本ほどのすき間もない”という意味から転じて、
    「ほとんど間を置かずに。すぐに」という意味で使用されています。

     

     

    そして間髪を”容れず”ではなく間髪を”入れず”と書いても問題はありません

     

    本来は”容れず”と表記するのが正しいのですが、
    ”容(い)れず”は常用外の読み方で”入れず”と意味はほぼ同じです。

     

    意味的にほぼ同じなので一般的には”間髪を入れず”と表記したり、ひらがなで”間髪をいれず”と書くことがあるんですね。

     

     

     

    間髪を用いた例文としては、「ボケると間髪を容れずにツッコミをする」や、
    「彼は質問されると、間髪を容れずに答えた」のような使い方で用いられています。

     

    上記の例文のように「間髪(かんはつ)」は、”間髪を容れず”という慣用句として使われます。

     

     

     

    また間髪を容れずの類義語としては、「咄嗟(とっさ)・次第(しだい)・瞬間(しゅんかん)・途端(とたん)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても間髪を容れずと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「間髪の読み方と意味、”かんぱつ”と”かんはつ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ