河川敷の読み方と意味、「かせんしき」と「かせんじき」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「河川敷」という漢字があります。

     

    この河川敷に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    河川敷がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは河川敷の読み方と意味、「かせんしき」と「かせんじき」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.河川敷の正しい読み方は「かせんしき」「かせんじき」?

     

    では河川敷の正しい読み方は、「かせんしき」「かせんじき」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、河川敷の正しい読み方は「かせんしき」「かせんじき」の両方になります

     

    河川敷は「かせんしき」が正式な読み方だとされることも多いですが、
    NHKでは「かせんしき」「かせんじき」の両方を正式な読み方として認めています

     

    そして「かせんしき」「かせんじき」の片方だけ書かれている辞書もあれば、
    両方の読み方を載せている辞書もあります。

     

    ですのでどちらかの読み方が間違えているわけではなく、
    河川敷は「かせんしき」「かせんじき」の両方の読み方が正しいです。

     

     

    また河川敷(かせんしき)のように「敷(しき)」が用いられている言葉には、
    「敷居(しきい)・屋敷(やしき)・座敷(ざしき)・敷布(しきふ)」などがあります。

     

    また河川敷(かせんじき)のように「敷(じき)」が用いられている言葉には、
    「桟敷(さじき)」があり、送り仮名を付けると「板敷き(いたじき)・下敷き(したじき)」などがあります。

     

    ちなみに河川敷などの読み方は特殊で送り仮名が省かれており、
    通常なら”敷”という字のみでは「しき」「じき」と読めず、送り仮名が付けられるので注意してください

     

     

    次の章で河川敷の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.河川敷の意味と類義語について

     

    では河川敷の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず河川敷は「河川法により、その河川の一部として定められている河岸(かがん)の敷地のこと」の意味として用いられています。

     

    河川敷という言葉は、河原(かわら)が緑地や運動施設などの場として利用されてきた頃に作られた言葉です。

     

    (昭和30年代後半〜40年代初め頃から使われるようになりました)

     

    河川敷を用いた例文としては、「河川敷でキャッチボールをする」や、
    「河川が氾濫するかもしれないから、河川敷には近づくな」のような使い方で用いられています。

     

     

    また河川敷の類義語としては、「河原(かわら)・河岸(かがん)・川岸(かわぎし)・岸辺(きしべ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても河川敷と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「河川敷の読み方と意味、”かせんしき”と”かせんじき”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 河川敷の読み方は「かせんしき」「かせんじき」の両方とも正しい。
    • 河川敷は「河川法により、その河川の一部として定められている河岸(かがん)の敷地のこと」の意味。
    • 河川敷の類義語には、「河原・河岸・川岸・岸辺」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ