このページの先頭へ

不器用の読み方と意味、「ぶきよう」と「ふきよう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われるもので「不器用」という言葉があります。

     

    この不器用に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    不器用がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは不器用の読み方と意味、「ぶきよう」と「ふきよう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.不器用の正しい読み方は「ぶきよう」「ふきよう」?

     

    では不器用の正しい読み方は、「ぶきよう」「ふきよう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、不器用の正しい読み方は「ぶきよう」「ぶきっちょ」になります

     

    不器用の”不”は「ふ」「ぶ」と読むことができますが、不器用を「ふきよう」と読むのは間違いです。

     

     

    ただ一般的には不器用は「ぶきよう」と読むことがほとんどです。

     

     

     

    不器用の”器”は「きっ」、”用”も「ちょ」と読むことはできませんが、
    日本語における音変化によって「ぶきよう」から「ぶきっちょ」という読み方に変化しました。

     

     

    音変化というのは簡単に言うと、”発音しにくい音を発音しやすい音に変化させたもの”です。

     

    この音変化により、不器用は通常では読むことができない「ぶきっちょ」という読み方になったんですね。

     

     

    次の章で不器用の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.不器用の意味と類義語について

     

    では不器用の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず不器用は「物を上手に仕上げる技術のないこと。手先が器用でないこと。また、そのさま/物事の処理が下手なこと。要領の悪いこと。また、そのさま」の意味として用いられています。

     

     

    不器用を用いた例文としては、「彼は手先が不器用だ」や、
    「不器用なので柔軟に対応できない」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「物を上手に仕上げる技術のないこと。手先が器用でないこと。また、そのさま」の意味で、後者の例文は「物事の処理が下手なこと。要領の悪いこと。また、そのさま」の意味で使用しています。

     

     

     

    また不器用の類義語としては、「石頭(いしあたま)・堅物(かたぶつ)・硬派(こうは)・生真面目(きまじめ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても不器用と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「不器用の読み方と意味、”ぶきよう”と”ふきよう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 不器用の正しい読み方は「ぶきよう」「ぶきっちょ」の両方で、「ふきよう」は間違い。
    • 不器用は「物を上手に仕上げる技術のないこと。手先が器用でないこと。また、そのさま/物事の処理が下手なこと。要領の悪いこと。また、そのさま」の意味。
    • 不器用の類義語には、「石頭・堅物・硬派・生真面目」などがある。

     

     

    関連ページ