一応の読み方と意味、「いちよう」と「いちおう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「一応」という漢字があります。

     

    この一応に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    一応がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは一応の読み方と意味、「いちよう」と「いちおう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.一応の正しい読み方は「いちよう」「いちおう」?

     

    では一応の正しい読み方は、「いちよう」「いちおう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、一応の正しい読み方は「いちおう」になります

     

    一応の”応”の字には「応(おう)」「応(こた)える」「応(まさ)に」とは読めますが、
    「よう」とは読むことはできません。

     

    ※「応(まさ)に」は常用漢字表に載っていない読み方です

     

    なので「いちよう」「いちおー」のように書いてしまう人もいますが、
    「いちよう」「いちおー」は間違いで、正しいのは「いちおう」なので注意しましょう

     

    ”一応”を発音するときは「いちおう」以外に聞こえるときも多いですが、
    しっかりと自分の中で「いちおう」だと理解できていれば特に問題はないでしょう。

     

     

    また一応(いちおう)のように「応(おう)」が用いられている言葉には、
    「応援(おうえん)・対応(たいおう)・応急(おうきゅう)・応酬(おうしゅう)」などがあります。

     

    次の章で一応の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.一応の意味と類義語について

     

    では一応の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず一応は「完全ではないが、ひととおり/とりあえず/ひとまず」の意味として用いられています。

     

    一応を用いた例文としては、「先輩に一応相談したほうが良いよ」や、
    「部屋の掃除は一応終わった」のような使い方で用いられています。

     

    後者の例文では、部屋の隅々までホコリをきれいにしたわけではないが、
    普段使用する範囲についての掃除は終わった場合などに使います。

     

    完全ではないですが、とりあえずは終わっていますよね。

     

     

    また一応の類義語としては、「応急(おうきゅう)・一時的(いちじてき)・暫定(ざんてい)・一旦(いったん)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても一応と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「一応の読み方と意味、”いちよう”と”いちおう”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 一応の正しい読み方は「いちおう」で、「いちよう」「いちおー」は間違い。
    • 一応は「完全ではないが、ひととおり/とりあえず/ひとまず」の意味。
    • 一応の類義語には、「応急・一時的・暫定・一旦」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ