反歩の読み方と意味、「たんぶ」と「はんぽ」正しいのは?

 

さて日常的に使われることはほとんどないですが、「反歩」という言葉があります。

 

この反歩に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
反歩がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは反歩の読み方と意味、「たんぶ」と「はんぽ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.反歩の正しい読み方は「たんぶ」「はんぽ」?

 

では反歩の正しい読み方は、「たんぶ」「はんぽ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、反歩の正しい読み方は「たんぶ」になります

 

反歩の”反”は「そ(る)」「はん」「たん」、”歩”は「ある(く)」「ほ」「ふ」「ぶ」(半濁音化により「ぽ」)と読むことができますが、反歩を「はんぽ」と読むのは間違いです。

 

(半濁音化とは、2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭(ハ行音)がパ行音に変化する現象のこと)

 

 

 

「はんぽ」というのは、”半歩(はんぽ)”と書き表されるため注意が必要です。

 

 

 

また反歩(たんぶ)のように「反(たん)」が用いられている言葉には、
「反物(たんもの)・反収(たんしゅう)・増反(ぞうたん)・減反(げんたん)」などがあります。

 

反歩(たんぶ)のように「歩(ぶ)」が用いられている言葉には、
「歩合(ぶあい)・日歩(ひぶ)・町歩(ちょうぶ)・段歩(たんぶ)」などがあります。

 

 

次の章で反歩の意味について解説していきます。

 

2.反歩の意味について

 

では反歩の意味について見ていきましょう。

 

まず反歩は「田畑(たはた)の面積を、反(たん)を単位として示す語のこと」の意味として用いられています。

 

 

反(=反歩)というのは、”面積を表す農業用語の単位のこと”で、
1反(=反歩)の広さはメートル法では約10a(アール)、坪(つぼ)の広さで表すと約300坪です。

 

”1a(アール)=100m^2(平方メートル)”で、”1坪=約3.3m^2(平方メートル)”になります。

 

 

 

反歩を用いた例文としては、「10反歩の田を管理する」や、
「2町5反歩の田畑がある」のような使い方で用いられています。

 

 

以上が「反歩の読み方と意味、”たんぶ”と”はんぽ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ