烏滸がましいの読み方と意味、「おこがましい」と「さしでがましい」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「烏滸がましい」という言葉があります。

 

この烏滸がましいに使用されている漢字(特に”滸”)は普段あまり見ることはなく、どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは烏滸がましいの読み方と意味、「おこがましい」と「さしでがましい」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.烏滸がましいの正しい読み方は「おこがましい」「さしでがましい」?

 

では烏滸がましいの正しい読み方は、「おこがましい」「さしでがましい」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、烏滸がましいの正しい読み方は「おこがましい」になります

 

烏滸がましいの”烏”は「からす」「う」「お」、”滸”は「こ」と読むことができますが、烏滸がましいを「さしでがましい」と読むのは間違いです。

 

(「さしでがましい」というのは、”差し出がましい”と書き表されるため注意が必要)

 

 

「おこがましい」は烏滸がましいの他にも”痴がましい”と書き表されますが、一般的には”烏滸がましい”と表記されることが多いです。

 

 

次の章で烏滸がましいの意味と類義語について解説していきます。

 

2.烏滸がましいの意味と類義語について

 

では烏滸がましいの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず烏滸がましいは「出過ぎていて生意気なこと。身の程知らずなこと」の意味として用いられています。

 

 

烏滸がましいを用いた例文としては、「自分で言うのも烏滸がましいが」や、「彼はそれが烏滸がましい行いだと思っていないようだ」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また烏滸がましいの類義語としては、「厚顔(こうがん)・無遠慮(ぶえんりょ)・無礼(ぶれい)・横着(おうちゃく)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても烏滸がましいと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「烏滸がましいの読み方と意味、”おこがましい”と”さしでがましい”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ