強靭の読み方と意味、「きょうじん」と「きょうぜん」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「強靭」という言葉があります。

 

この強靭に使用されている漢字(特に”靭”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは強靭の読み方と意味、「きょうじん」と「きょうぜん」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.強靭の正しい読み方は「きょうじん」「きょうぜん」?

 

では強靭の正しい読み方は、「きょうじん」「きょうぜん」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、強靭の正しい読み方は「きょうじん」になります

 

強靭の”靭”は「しな(やか)」「じん」と読むことはできますが、
「ぜん」と読むことはできないので、強靭を「きょうぜん」と読むのは間違いです

 

 

 

また強靭(きょうじん)のように「強(きょう)」が用いられている言葉には、
「強化(きょうか)・強弁(きょうべん)・強豪(きょうごう)・頑強(がんきょう)」などがあります。

 

強靭(きょうじん)のように「靭(じん)」が用いられている言葉には、
「靭帯(じんたい)・靭性(じんせい)・靭皮(じんぴ)」があります。

 

 

次の章で強靭の意味と類義語について解説していきます。

 

2.強靭の意味と類義語について

 

では強靭の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず強靭は「しなやかで強いこと。柔軟で粘り強いこと。また、そのさま」の意味として用いられています。

 

 

強靭を用いた例文としては、「彼は強靭な肉体を持っている」や、
「強靭な精神でないと耐えられない」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また強靭の類義語としては、「頑丈(がんじょう)・堅牢(けんろう)・屈強(くっきょう)・堅固(けんご)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても強靭と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「強靭の読み方と意味、”きょうじん”と”きょうぜん”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ