教鞭の読み方と意味、「きょうびん」と「きょうべん」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「教鞭」という言葉があります。

 

この教鞭に使用されている漢字(特に”鞭”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは教鞭の読み方と意味、「きょうびん」と「きょうべん」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.教鞭の正しい読み方は「きょうびん」「きょうべん」?

 

では教鞭の正しい読み方は、「きょうびん」「きょうべん」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、教鞭の正しい読み方は「きょうべん」になります

 

教鞭の”鞭”は「むち」「へん」「べん」と読むことはできますが、
「びん」と読むことはできないので、教鞭を「きょうびん」と読むのは間違いです

 

 

 

また教鞭(きょうべん)のように「教(きょう)」が用いられている言葉には、
「教師(きょうし)・教訓(きょうくん)・教唆(きょうさ)・背教(はいきょう)」などがあります。

 

教鞭(きょうべん)のように「鞭(べん)」が用いられている言葉には、
「鞭撻(べんたつ)・鞭毛(べんもう)・鞭策(べんさく)・鞭笞(べんち)」などがあります。

 

 

次の章で教鞭の意味について解説していきます。

 

2.教鞭の意味について

 

では教鞭の意味について見ていきましょう。

 

まず教鞭は「教師が授業に使う鞭(むち)のこと」の意味として用いられています。

 

 

教鞭という言葉は”教鞭を執(と)る”のように使われることがほとんどで、
「教師として生徒を教えること。また、教職にあること」の意味で使用します。

 

”教鞭を執る”の例文としては、「彼は40年間教鞭を執った」や、
「彼女は東京の高校で教鞭を執っている」のように用いられます。

 

 

以上が「教鞭の読み方と意味、”きょうびん”と”きょうべん”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ