さて日常的に使われるもので「逆鱗」という言葉があります。

 

この逆鱗に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
逆鱗がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは逆鱗の読み方と意味、「げきりん」と「ぎゃくりん」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.逆鱗の正しい読み方は「げきりん」「ぎゃくりん」?

 

では逆鱗の正しい読み方は、「げきりん」「ぎゃくりん」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、逆鱗の正しい読み方は「げきりん」になります

 

逆鱗の”逆”は「ぎゃく」「げき」と読むことができますが、
逆鱗は「げきりん」と読むのが正しく、「ぎゃくりん」と読むのは間違いです

 

 

また逆鱗(げきりん)のように「逆(げき)」が用いられている言葉は、「逆旅(げきりょ)」しか見つけることができませんでした。

 

 

次の章で逆鱗の意味と類義語について解説していきます。

 

2.逆鱗の意味と類義語について

 

では逆鱗の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず逆鱗は「天子(てんし)の怒りのこと/目上(めうえ)の人の怒りのこと」の意味として用いられています。

 

天子というのは”中国の皇帝や日本の天皇の呼称のこと”で、目上の人というのは”地位や年齢が高い人のこと”を指します。

 

 

竜のあごの下には逆鱗(逆さに生えた鱗)があり、それに触れると竜は怒って、その人を殺してしまう、という中国の伝説が存在します。

 

”天子”や”目上の人”をこの伝説の竜にたとえているのが、いま現在における「逆鱗(げきりん)」という言葉になります

 

 

 

逆鱗を用いた例文としては、「上司の逆鱗に触れてしまった」や、
「彼の逆鱗に触れないように、いつも気を遣っている」のような使い方で用いられています。

 

逆鱗が用いられるのはほとんどが”逆鱗に触れる”のような使い方で、つまり”相手を怒らせる”ということになります。

 

 

 

また逆鱗の類義語としては、「癇癪(かんしゃく)・憤る(いきどおる)・鬱憤(うっぷん)・激怒(げきど)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても逆鱗と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「逆鱗の読み方と意味、”げきりん”と”ぎゃくりん”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 逆鱗の正しい読み方は「げきりん」で、「ぎゃくりん」は間違い。
  • 逆鱗は「天子の怒りのこと/目上の人の怒りのこと」の意味。
  • 逆鱗の類義語には、「癇癪・憤る・鬱憤・激怒」などがある。

 

 

関連ページ