戴天の読み方と意味、「たいてん」と「さいてん」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われることはあまりないですが、「戴天」という言葉があります。

     

    この戴天に使用されている漢字(特に”戴”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは戴天の読み方と意味、「たいてん」と「さいてん」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.戴天の正しい読み方は「たいてん」「さいてん」?

     

    では戴天の正しい読み方は、「たいてん」「さいてん」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、戴天の正しい読み方は「たいてん」になります

     

    戴天の”戴”は「いただ(く)」「たい」と読むことはできますが、
    「さい」と読むことはできないので、戴天を「さいてん」と読むのは間違いです。

     

     

    戴天の”戴(たい)”という字は、”載(さい)”という字に似ているため注意が必要です。

     

     

     

    また戴天(たいてん)のように「戴(たい)」が用いられている言葉には、
    「戴冠(たいかん)・奉戴(ほうたい)・推戴(すいたい)・拝戴(はいたい)」などがあります。

     

    戴天(たいてん)のように「天(てん)」が用いられている言葉には、
    「炎天(えんてん)・仰天(ぎょうてん)・戴天(たいてん)・天気(てんき)」などがあります。

     

     

    次の章で戴天の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.戴天の意味と類義語について

     

    では戴天の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず戴天は「この世に生存していること」の意味として用いられています。

     

     

    戴天は”不倶戴天(ふぐたいてん)”という四字熟語で使われることがほとんどで、不倶戴天は「非常に強い恨みや憎しみのこと」の意味となります。

     

    不倶戴天を用いた例文としては、「彼は不倶戴天の敵だ」のような使い方で用いられます。

     

     

     

    また戴天の類義語としては、「存命(ぞんめい)・在世(ざいせ)・息災(そくさい)・達者(たっしゃ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても戴天と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「戴天の読み方と意味、”たいてん”と”さいてん”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ