火種の読み方と意味、「ひだね」と「かしゅ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われるもので「火種」という言葉があります。

     

    この火種に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    火種がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは火種の読み方と意味、「ひだね」と「かしゅ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.火種の正しい読み方は「ひだね」「かしゅ」?

     

    では火種の正しい読み方は、「ひだね」「かしゅ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、火種の正しい読み方は「ひだね」になります

     

    火種の”火”は「ひ」「か」、”種”は「たね」「しゅ」と読むことができますが、火種を「かしゅ」と読むのは間違いです。

     

     

     

    また”種”の読み方は「たね」と読むことはできますが、
    もともとそれ単体では「だね」という読み方をすることはできません。

     

    火種のように「ひたね」ではなく、「ひだね」と濁って読むのは、日本語の「連濁(れんだく)」と呼ばれているものです

     

     

    連濁とは、”2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する現象のこと”を言います。

     

    火種であれば、火(ひ)+種(たね)なので、種(後ろの語)の語頭である清音の”た”が濁音の”だ”に変化します。

     

     

     

    例えば「手紙(てがみ)」や「綿毛(わたげ)」は連濁なしで読むと、
    「てかみ」や「わたけ」と読むのが普通です。

     

    もともと”紙”には「がみ」という読み方はないですし、”毛”にも「げ」という読み方は存在しません

     

     

    ですが日本語では、連濁によって後ろの語頭が清音から濁音に変わるため、
    「手紙(てがみ)」「綿毛(わたげ)」と濁らせて読んでいるのです。

     

    ただすべての言葉が連濁によって濁音に変化するわけではないので、注意してください。

     

     

    次の章で火種の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.火種の意味と類義語について

     

    では火種の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず火種は「火をおこすもとにする火のこと/事件・騒動などの起こる原因となるもの」の意味として用いられています。

     

     

    火種を用いた例文としては、「他から火種を貰った」や、
    「紛争の火種を抱えている」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「火をおこすもとにする火のこと」の意味で、
    後者の例文は「事件・騒動などの起こる原因となるもの」の意味で使用しています。

     

     

     

    また火種の類義語としては、「口火(くちび)・火気(かき)・因子(いんし)・動機(どうき)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても火種と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「火種の読み方と意味、”ひだね”と”かしゅ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ