水魚の読み方と意味、「みずうお」と「すいぎょ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われることはあまりないですが、「水魚」という言葉があります。

     

    この水魚に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    水魚がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは水魚の読み方と意味、「みずうお」と「すいぎょ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.水魚の正しい読み方は「みずうお」「すいぎょ」?

     

    では水魚の正しい読み方は、「みずうお」「すいぎょ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、水魚の正しい読み方は「みずうお」「すいぎょ」の両方になります

     

    水魚の”水”は「みず」「すい」、”魚”は「さかな」「うお」「ぎょ」と読むことができます。

     

     

    一般的には水魚は「すいぎょ」と読むことが多いです。

     

    ただ水魚は「みずうお」「すいぎょ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。

     

    (次の章でそれぞれの意味について解説していきます)

     

     

     

    また水魚(みずうお)のように「魚(うお)」が用いられている言葉には、
    「鼬魚(いたちうお)・棘魚(とげうお)・飛魚(とびうお)・乾魚(ひうお)」などがあります。

     

    水魚(すいぎょ)のように「魚(ぎょ)」が用いられている言葉には、
    「魚雷(ぎょらい)・魚拓(ぎょたく)・漁礁(ぎょしょう)・稚魚(ちぎょ)」などがあります。

     

     

    次の章で水魚の意味について解説していきます。

     

    2.水魚の意味について

     

    では水魚の意味について見ていきましょう。

     

    まず水魚(みずうお)は「水と魚のこと/ミズウオ科の深海魚のこと」の意味として用いられています。

     


    ※上は水魚(ミズウオ科の深海魚)の写真

     

    北海道以南を含む北太平洋から、インド洋・大西洋・地中海にかけて広く分布しており、
    体長1.5〜2.5メートルにまで成長し、成魚は水深900〜1500メートルの深みに棲息しています。

     

     

     

    水魚を「みずうお」と読むと上記のような意味になりますが、
    「すいぎょ」と読むと「水と魚のこと」の意味のみとなります

     

    このように水魚は「みずうお」「すいぎょ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。

     

     

    以上が「水魚の読み方と意味、”みずうお”と”すいぎょ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ