雁擬の読み方と意味、「がんぎ」と「がんもどき」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「雁擬」という言葉があります。

     

    この雁擬に使用されている漢字は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは雁擬の読み方と意味、「がんぎ」と「がんもどき」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.雁擬の正しい読み方は「がんぎ」「がんもどき」?

     

    では雁擬の正しい読み方は、「がんぎ」「がんもどき」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、雁擬の正しい読み方は「がんもどき」になります

     

    雁擬の”雁”は「かり」「がん」、”擬”は「もどき」「ぎ」と読むことができますが、雁擬は「がんもどき」と読むのが正しく、「がんぎ」と読むのは間違いです

     

     

     

    また雁擬(がんもどき)のように「雁(がん)」が用いられている言葉には、
    「落雁(らくがん)・雁皮(がんぴ)・雁首(がんくび)・雁木(がんぎ)」などがあります。

     

    雁擬(がんもどき)のように「擬(もどき)」が用いられている言葉には、
    「梅擬(うめもどき)・蟻擬(ありもどき)・黒梅擬(くろうめもどき)」などがあります。

     

     

    次の章で雁擬の意味について解説していきます。

     

    2.雁擬の意味について

     

    では雁擬の意味について見ていきましょう。

     

    まず雁擬は「豆腐をつぶして、蓮根(れんこん)・牛蒡(ごぼう)などを混ぜて、油で揚げた料理のこと」の意味として用いられています。

     

    ”雁(がん)という鳥の肉に似せた味”ということから、雁擬(がんもどき)と名付けられました。

     

     

     

    また雁擬は”がんも”や”飛竜頭(ひりょうず)”と呼ばれることも多いです。

     

    飛竜頭の”竜”は「りゅう」「りょう」と読むことができ、飛竜頭は「ひ”りゅ”うず」ではなく、「ひ”りょ”うず」と読むので覚えておきましょう。

     

     

    以上が「雁擬の読み方と意味、”がんぎ”と”がんもどき”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ