このページの先頭へ

万愚節の読み方と意味、「まんぐせつ」と「ばんぐせつ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われることはあまりないですが、「万愚節」という言葉があります。

     

    この万愚節に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    万愚節がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは万愚節の読み方と意味、「まんぐせつ」と「ばんぐせつ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.万愚節の正しい読み方は「まんぐせつ」「ばんぐせつ」?

     

    では万愚節の正しい読み方は、「まんぐせつ」「ばんぐせつ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、万愚節の正しい読み方は「ばんぐせつ」になります

     

    万愚節の”万”は「よろず」「まん」「ばん」、”愚”は「おろ(か)」「ぐ」と読むことができますが、万愚節は「ばんぐせつ」と読むのが正しく、「まんぐせつ」と読むのは間違いです

     

     

     

    また万愚節(ばんぐせつ)のように「万(ばん)」が用いられている言葉には、
    「万象(ばんしょう)・万歳(ばんざい)・万策(ばんさく)・万事(ばんじ)」などがあります。

     

    万愚節(ばんぐせつ)のように「愚(ぐ)」が用いられている言葉には、
    「愚者(ぐしゃ)・愚考(ぐこう)・愚図(ぐず)・愚昧(ぐまい)」などがあります。

     

     

    次の章で万愚節の意味について解説していきます。

     

    2.万愚節の意味について

     

    では万愚節の意味について見ていきましょう。

     

    まず万愚節は「エイプリルフールのこと。また、その日のこと」の意味として用いられています。

     

    エイプリルフールというのは、”4月1日に限り、悪意のない嘘をついて人をかついでも許されるという習慣。また、4月1日のこと”を意味します。

     

     

    万愚節は、11月1日の万聖節(ばんせいせつ)に対比して名付けられたもので、
    万聖節は”キリスト教で、諸聖人を記念するために毎年11月1日に行われる祝祭のこと”です。

     

     

    以上が「万愚節の読み方と意味、”まんぐせつ”と”ばんぐせつ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ