礼賛の読み方と意味、「れいさん」と「らいさん」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「礼賛」という言葉があります。

     

    この礼賛に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    礼賛がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは礼賛の読み方と意味、「れいさん」と「らいさん」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.礼賛の正しい読み方は「れいさん」「らいさん」?

     

    では礼賛の正しい読み方は、「れいさん」「らいさん」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、礼賛の正しい読み方は「らいさん」になります

     

    礼賛の”礼”という字は「れい」「らい」と読むことができますが、
    礼賛は「らいさん」と読むのが正しく、「れいさん」と読むのは間違いです。

     

     

     

    また「礼賛(らいさん)」は、「礼讃(らいさん)」と書かれることもありますが、これらはどちらも同じものです。

     

    いま現在ではあまり使われていない”讃”は当用漢字と言われるもので、
    簡単に言えば”賛”の前に使用されていた漢字のことです。

     

     

    当用漢字というのは、”常用漢字の前に政府から告示された漢字のこと”で、
    常用漢字表が告示されたことにより、当用漢字表は正式に廃止されています。

     

    なので”礼讃”は間違いではないですが、”礼賛”と書き表す方が一般的だと言えます。

     

     

    次の章で礼賛の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.礼賛の意味と類義語について

     

    では礼賛の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず礼賛は「ありがたく思って褒(ほ)め称(たた)えること/仏を礼拝(らいはい)して、その功徳(くどく)を称えること」の意味として用いられています。

     

    ここでの功徳(くどく)というのは、”現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行のこと”の意味で用いられています。

     

    (他にも功徳には、「神仏の恵み」というような意味もあります)

     

     

     

    礼賛を用いた例文としては、「彼らの功績を礼賛する」や、
    「仏の前で礼賛する」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「ありがたく思って褒め称えること」の意味で、
    後者の例文は「仏を礼拝して、その功徳を称えること」の意味で使用しています。

     

     

     

    また礼賛の類義語としては、「賛美(さんび)・傾倒(けいとう)・賞賛(しょうさん)・崇拝(すうはい)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても礼賛と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「礼賛の読み方と意味、”れいさん”と”らいさん”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ