燻るの読み方と意味、「いぶる」と「くすぶる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「燻る」という言葉があります。

     

    この燻るに使用されている漢字は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは燻るの読み方と意味、「いぶる」と「くすぶる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.燻るの正しい読み方は「いぶる」「くすぶる」?

     

    では燻るの正しい読み方は、「いぶる」「くすぶる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、燻るの正しい読み方は「いぶる」「くすぶる」「くゆる」になります

     

    燻るの”燻”は「いぶ(す)」「くすぶ(る)」「くゆ(らす)」「くん」と読むことができます。

     

     

     

    一般的には「くすぶる」と読むことが多いです。

     

    ただ燻るは「いぶる」「くすぶる」「くゆる」のどれで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で燻るの意味について解説していきます。

     

    2.燻るの意味について

     

    では燻るの意味について見ていきましょう。

     

    まず燻る(くすぶる)の意味は下記のとおりです。

    1. 火が勢いよく燃えずに煙ばかりが出ること
    2. 煙の煤(すす)で黒くなること
    3. 活動せずに引きこもって過ごすこと
    4. 地位や生活がいっこうに良くならないでいること
    5. 完全に解決されないまま問題が内部に残っていること

     

    燻るを「くすぶる」と読むと上記のような意味になりますが、
    「いぶる」「くゆる」と読むとそれぞれ下記のような意味となります。

     

    燻るを「いぶる」と読むと「火が勢いよく燃えずに煙ばかりが出ること」、「くゆる」と読むと「煙が緩(ゆる)やかに立つこと」の意味となります

     

    このように燻るは「くすぶる」「いぶる」「くゆる」のどれで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    燻るを用いた例文としては、「毎日家で燻(くすぶ)っている」や、
    「長い間平社員のまま燻(くすぶ)る」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「活動せずに引きこもって過ごすこと」の意味で、
    後者の例文は「地位や生活がいっこうに良くならないでいること」の意味で使用しています。

     

     

    以上が「燻るの読み方と意味、”いぶる”と”くすぶる”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 燻るの正しい読み方は「いぶる」「くすぶる」「くゆる」のすべて。
    • 燻る(いぶる)は「火が勢いよく燃えずに煙ばかりが出ること」の意味。
    • 燻る(くゆる)は「煙が緩やかに立つこと」の意味。

    <燻る(くすぶる)の意味>

    1. 火が勢いよく燃えずに煙ばかりが出ること
    2. 煙の煤(すす)で黒くなること
    3. 活動せずに引きこもって過ごすこと
    4. 地位や生活がいっこうに良くならないでいること
    5. 完全に解決されないまま問題が内部に残っていること

     

     

    関連ページ