倦むの読み方と意味、「あぐむ」と「ねたむ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われることはあまりないですが、「倦む」という言葉があります。

     

    この倦むに使用されている漢字は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは倦むの読み方と意味、「あぐむ」と「ねたむ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.倦むの正しい読み方は「あぐむ」「ねたむ」?

     

    では倦むの正しい読み方は、「あぐむ」「ねたむ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、倦むの正しい読み方は「あぐむ」「うむ」になります

     

    倦むの”倦”は「あぐ(む)」「う(む)」「けん」と読むことはできますが、
    「ねた(む)」と読むことはできないので、倦むを「ねたむ」と読むのは間違いです。

     

    (「ねたむ」というのは、”妬む”と書き表されます)

     

     

    ただ倦むは「あぐむ」「うむ」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で倦むの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.倦むの意味と類義語について

     

    では倦むの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず倦む(あぐむ)は「物事をやり遂げることができず、嫌になること」の意味として用いられています。

     

     

    倦むを「あぐむ」と読むと上記のような意味になりますが、
    「うむ」と読むと「物事に飽きて、嫌になること」の意味となります

     

    このように倦むは「あぐむ」「うむ」のどちらで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    倦むを用いた例文としては、「解決策が浮かばず、考え倦(あぐ)む」や、
    「毎日同じ仕事ばかりで倦(う)む」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「物事をやり遂げることができず、嫌になること」の意味で、
    後者の例文は「物事に飽きて、嫌になること」の意味で使用しています。

     

     

     

    また倦むの類義語としては、「倦怠(けんたい)・倦厭(けんえん)・苦悶(くもん)・マンネリ」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても倦むと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「倦むの読み方と意味、”あぐむ”と”ねたむ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 倦むの正しい読み方は「あぐむ」「うむ」の両方で、「ねたむ」は間違い。
    • 倦む(あぐむ)は「物事をやり遂げることができず、嫌になること」の意味。
    • 倦む(うむ)は「物事に飽きて、嫌になること」の意味。
    • 倦むの類義語には、「倦怠・倦厭・苦悶・マンネリ」などがある。

     

     

    関連ページ