文科相の読み方と意味、「もんかそう」と「もんかしょう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「文科相」という言葉があります。

     

    この文科相に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    文科相がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは文科相の読み方と意味、「もんかそう」と「もんかしょう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.文科相の正しい読み方は「もんかそう」「もんかしょう」?

     

    では文科相の正しい読み方は、「もんかそう」「もんかしょう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、文科相の正しい読み方は「もんかしょう」になります

     

    文科相の”相”は「あい」「そう」「しょう」と読むことができますが、文科相は「もんかしょう」と読むのが正しく、「もんかそう」と読むのは間違いです。

     

     

    また文科相(もんかしょう)のように「相(しょう)」が用いられている言葉には、
    「首相(しゅしょう)・丞相(じょうしょう)・宰相(さいしょう)・相伴(しょうばん)」などがあります。

     

     

    次の章で文科相の意味について解説していきます。

     

    2.文科相の意味について

     

    では文科相の意味について見ていきましょう。

     

    まず文科相は「文部(もんぶ)科学大臣のこと」の意味として用いられています。

     

    文部科学大臣というのは、”国務大臣で、文部科学省の長のこと”を指します。

     

     

    文部科学省(略して文科省)は、”教育・科学技術・文化・スポーツの振興や宗教などに関する仕事を担当する国の行政機関”になります。

     

    文部科学省は2001年(平成13年)に、文部省と科学技術庁が統合して発足されました。

     

     

     

    ちなみに文科省と文科相はどちらも「もんかしょう」と読みますが、
    文科省は”国の行政機関のこと”、文科相は”文部科学大臣のこと”を指すため覚えておきましょう。

     

     

    以上が「文科相の読み方と意味、”もんかそう”と”もんかしょう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ