雰囲気の読み方と意味、「ふいんき」と「ふんいき」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「雰囲気」という漢字があります。

     

    この雰囲気に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    雰囲気がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは雰囲気の読み方と意味、「ふんいき」と「ふいんき」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.雰囲気の正しい読み方は「ふんいき」「ふいんき」?

     

    では雰囲気の正しい読み方は、「ふんいき」「ふいんき」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、雰囲気の正しい読み方は「ふんいき」になります

     

    雰囲気に用いられている”雰”という字は「ふん」としか読むことができず、
    日常的に”雰”という字を用いているものが「雰囲気」という言葉しかありません。
    (”雰”を「ふ」とは読めない)

     

    そして雰囲気は正しく発音して「ふんいき」と言っているつもりでも、
    周りからは「ふいんき」と誤った発音で聞こえてしまう場合も多いです。

     

    個人的には言葉というのは意味が通じていれば良いと感じているので、
    周囲に意味さえ通じていれば無理に「ふんいき」と言い直す必要もないでしょう。

     

    ただやはり雰囲気の正しい読み方は「ふんいき」ですので、
    雰囲気は「ふんいき」と読むものなんだなとしっかり覚えておきましょう

     

    「ふんいき」だとパソコンで入力すると変換されますが、
    「ふいんき」で入力しようとすると変換できないので注意してください。

     

     

    次の章で雰囲気の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.雰囲気の意味と類義語について

     

    では雰囲気の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず雰囲気は「その場所やその人達がかもし出している気分・感じ」の意味として用いられています。

     

    雰囲気を用いた例文としては、「この街の雰囲気は華やかで印象的だ」や、
    「彼の雰囲気は独特だ」のような使い方で用いられています。

     

     

    また雰囲気の類義語としては、「気分(きぶん)・様子(ようす)・風情(ふぜい)・情調(じょうちょう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても雰囲気と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「雰囲気の読み方と意味、”ふいんき”と”ふんいき”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 雰囲気の正しい読み方は「ふんいき」で、「ふいんき」は間違い。
    • 雰囲気は「その場所やその人達がかもし出している気分・感じ」の意味。
    • 雰囲気の類義語には、「気分・様子・風情・情調」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ