毒親の読み方と意味、「どくおや」と「どくしん」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「毒親」という言葉があります。

     

    この毒親に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    毒親がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは毒親の読み方と意味、「どくおや」と「どくしん」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.毒親の正しい読み方は「どくおや」「どくしん」?

     

    では毒親の正しい読み方は、「どくおや」「どくしん」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、毒親の正しい読み方は「どくおや」になります

     

    毒親の”親”は「おや」「しん」と読むことができますが、毒親は「どくおや」と読むのが正しく、「どくしん」と読むのは間違いです

     

     

     

    また毒親(どくおや)のように「毒(どく)」が用いられている言葉には、
    「解毒(げどく)・中毒(ちゅうどく)・毒物(どくぶつ)・毒牙(どくが)」などがあります。

     

    毒親(どくおや)のように「親(おや)」が用いられている言葉には、
    「親方(おやかた)・親指(おやゆび)・親玉(おやだま)・親元(おやもと)」などがあります。

     

     

    次の章で毒親の意味について解説していきます。

     

    2.毒親の意味について

     

    では毒親の意味について見ていきましょう。

     

    まず毒親は「子供に悪い影響のある親のこと」の意味として用いられています。

     

     

    例えば暴力などで子供を傷つけたり、束縛や依存などによって子供の自立を妨(さまた)げたりする親のことを指します。

     

     

    以上が「毒親の読み方と意味、”どくおや”と”どくしん”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ