相殺の読み方と意味、「そうさい」と「そうさつ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「相殺」という漢字があります。

     

    この相殺に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    相殺がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは相殺の読み方と意味、「そうさい」と「そうさつ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.相殺の意味と正しい読み方、「そうさい」「そうさつ」?

     

    では相殺の意味と、正しい読み方は「そうさい」「そうさつ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと相殺の読み方は、「そうさい」と「そうさつ」のどちらでも正しいです

     

    ただし相殺を「そうさい」と読むか、「そうさつ」と読むかで意味が異なるので注意が必要です

     

    「殺(さい)」には「そぐ/減らす」の意味があり、「殺(さつ)」には「ころす」のような意味があって、”殺”を「さい」と読むか「さつ」と読むかで意味合いが異なります。

     

     

    「相殺(そうさい)」の意味は「貸し借り・損得などをお互いに消し合いゼロにすること」、
    「反対の関係のものがお互いに影響し合って、効果などがゼロになること」とあります。

     

    「相殺(そうさつ)」と読んだときの意味は「お互いを殺し合うこと」です。

     

    例文として「そうさい」読みだと「貸し借りを相殺する/短所が長所で相殺される」などで、
    「そうさつ」読みだと「2人はその戦いで相殺した」のようになります。

     

    いま現在では「そうさつ」読みでの意味は、ほとんど使わないことが分かりますよね。

     

    このように「相殺(そうさい)」の意味で使われることの方がほとんどなので、
    「相殺(そうさつ)」と読むのは間違いだと思われていますが、意味次第で「そうさつ」とも読みます

     

     

    辞典で相殺の読み方を調べてみると、その辞典の種類によっては、
    「相殺(そうさつ)」の読み方は誤読だと表記されているものもあります。

     

    ですが意味次第で「そうさつ」とも読むことができるので覚えておいてください。

     

    ちなみに「あいさつ」と読んでいる人もいますが、
    相殺と書いて「あいさつ」と読むのは完全な誤読です。

     

     

    また相殺(そうさい)のように「殺(さい)」が用いられている言葉には、「減殺(げんさい)」があります。

     

    相殺(そうさつ)のように「殺(さつ)」が用いられている言葉には、
    「殺伐(さつばつ)・秒殺(びょうさつ)・瞬殺(しゅんさつ)・暗殺(あんさつ)」などがあります。

     

    「殺(さい)」と読むものはとても少なく、「殺(さつ)」と読むものについてはかなりの数がありました。

     

    どのような意味でも「そうさつ」と読んでしまう人が多い理由には、
    普段から「殺(さい)」と読む言葉が少ないということが言えますね

     

     

    以上が「相殺の読み方と意味、”そうさい”と”そうさつ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 相殺は「そうさい」「そうさつ」どちらの読み方も正しいが、相殺の読み方で表している意味が異なる。
    • 「殺(さい)」には「お互いに効果を消し合いゼロにする」のような意味がある。
    • 「殺(さつ)」には「お互いを殺し合う」のような意味がある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ